旅と観光

月: 2022年2月

River Roost Brewery、Big Fatty’s BBQとスリフトショップ 〜ホワイト・リバー・ジャンクション

Killington / Picoスキー旅行の往路。ビールの調達とランチに向かったのがNH州との州境にあるハートフォード (Hartford, VT)、White River Junction。ここにRiver Roost Breweryがある。

初めて訪れるこの街、こじんまりとした小さな街で宿泊施設はHotel Coolidgeが一軒あるだけ。

それでも初訪問の街ってなんだかワクワクする!まずは腹ごしらえから!

Big Fatty’s BBQ

ランチはここと決めていたので迷うことなう直行。

まずはビールでしょう。ボストン界隈にいるとなかなか巡り会えないビールがタップで飲めちゃいます。

どれを飲もうか迷ってしまう!なんて最高なんだ!Hill Farmsteadを飲みたかったところだけどあいにくPorterとBrown AleのみだったのでここはFoamに切り替え!Grounds for Divorce (Double IPA)で!

そしてメインの食事!全部美味しかった!

今回はこれらを頼んでみました!

  • Little Piggy – 8oz Pulled Pork sandwich with 4oz. slaw
  • Award Winning Beef Brisket and Smoke Caramelized Onion Mac and Cheese
  • Fatty Fries
  • Hush Puppies (4ea) with a side of Honey

Hush Puppiesって初めて頼んだけど、ちょいピリ辛なドーナツみたいなやつをハチミツつけて食べるのね。なかなか面白いものでした!もうちょっと頼んでも良かったなぁw

ちゃんとメニューを読めば良かったんだけど、ブリスケットとチキンのコンボみたいなのもあったからそれにしても良かったかもしれません。

Big Fatty’s BBQ

お店のサイトはこちら!メニューもサイトにありますよ。

Crowler Pit

このBig Fatty’s BBQなんですが、なんと横にビールショップを併設しているんですよ。そしてビールを販売するだけでなく、32oz.のビールの缶詰してくれるクロウラーまで扱っているという夢のようなセットアップ!

ここは想定外だったんですが寄らないわけにはいかない!ということで行きました。

Foamを2種類手にしていましたよ😂

このあと、向かいのRiver Roostに行くというのに、1ケース24缶予約済みだというのに追加の8缶ww

いや、絶対寄った方がいいですよ、ここ。ちなみにアルケミストのHeddy TopperとFocal Bangerも在庫ありました。

River Roost Brewery

さて本命のブリュワリーへ。Big Fatty’s BBQの向かいなんです。

River Roost Brewery

ブリュワリーというからタップルームもあるのかなと思ったら六畳間くらいのスペースに樽テーブルがあるだけの小さなブリュワリーでした。

注文カウンター

事前に購入していたのでスムーズにピックアップして終了。タイミングが良かったのか潤沢なラインアップがあり悩むの苦労。そしてゲットしたのがこの6種類。

お店の中にはVermont Brewers Associationのポスターがあり、Vermont Brewery Challengeなるアプリがあることを知りました。今までいったところチェックしていこうっと。

Vermont Brewery Challenge

ブリュワリーのサイトはこちら

スリフトショップが多数!

小さな街なのと冬で雪も残っていて寒いこともあり、でも通り道に多数スリフトショップを見たのでせっかくだから散策。それぞれ取り扱い品が異なるスリフトショップでもうちょっと時間かけて、車のトランクを空っぽにして来たくなるお店ばかりでした!

で、肝心の写真は完全に撮り忘れてしまった💦ので文字で紹介。

Cover Home Repair

http://www.coverhomerepair.org/

外看板はハンドツールなどの取り扱いのような説明だったのだけど、中に入って見たら食器、電気、生活家電、家具、工具、リフォーム備品などなんでも取り扱いがあり、この街の中では一番来た方が良いんじゃないかな?と思ったお店でした。トランクに空きがあればテーブルとか買ったかも。値段も安価だったんですよね。チェコのボヘミアングラスみたいなものもありました。

Vermont Salvage Exchange

http://www.vermontsalvage.com/

大型の住宅関連のものが多数揃っています。リフォームを考えていたり、ドアを一層したい、階段を作り直したいなど大掛かりなことを考えている場合にはこのお店オススメです。掘り出し物で小型なものもあるかもしれませんが、基本的には大型系でした。街にきたら寄ってみるのは良いと思います。

Gear Again

http://vtgearagain.com/

スキー、スノーボードの板、ブーツ、ヘルメットなどウィンタースポーツ系のギアと呼ばれるものが多数ありました。夏に行くともしかしたら自転車とか他スポーツ系のものがあるのかも。

The Collection

https://my-site-103981-108158.square.site/

アパレル系、アクセサリ系のショップでしたよ。服、靴、アクセサリを探している人にはオススメです。

Uplifting Thrifting

https://whiteriverjunctionthriftstores.com/

これぞスリフトショップという感じの服、ドレス、ジャケット、靴、ブーツ、食器、小型・大型電化製品を扱っているWhite River Junction駅にあるショップ。個人的にはCover Home Repairとここが徒歩圏内では外さない方がいいかなと思ったスリフトショップでした。

LISTEN Thrift & Furniture Store, White River Junction

https://www.listencs.org/thrift-stores#Locations

他のお店のように駅周辺ではなく少し離れているので車で移動する必要がありますが、ここは広くて取り扱いが幅広いスリフトショップでした。食器、電化製品、アパレル、家具など一通り扱っています。

もうシーズンが終わりだったためかスキーブーツ、ゴーグル、ヘルメットなどがワゴンセール状態でブーツは全部$5、ゴーグルは$2.5での販売でした。私のブーツが壊れかけていたのと、同じメーカーの同じサイズがあったのでとてもラッキーでした。

White River Junction周辺地図

地図でthriftと検索すると結構でてきます。ほかにもあるかもしれないので、是非調べてみてください!River Roost BreweryとBig Fatty’s BBQのエリアにはElixirというアップスケールなレストランもあるし、ここは最高よ!とCrowler Pitの店員さんが言ってましたよ。

宿泊となると少しさびしい街な気もしますが、ドライブしてWoodstockあたりやLebanonあたりに行くこともできるし、バーモント州唯一の国立歴史公園 (NHP)、ニューハンプシャー州唯一の国立歴史公園 (NHP)の中間だったりするので拠点として利用する場合は良い立地かもしれませんね。

NHPには行きたいと思っているのでもう一度くらいくるかもしれないなぁ。次は春とか秋とかに来てみたいね。

ボストン近郊からの行き方

参考までですが、ボストン近郊の街からだと2時間強のドライブ。ルート3から89に乗るか、ルート93から89に乗るような行程になるかと思います。

Other Half Rockefeller、Katsu-Hamaとんかつ、Ramen Ishidaと飲み食い倒れな2泊3日、2年ぶりのNYC出張

2022年初で約2年ぶりの出張にワクワク!2日前の1月29日に大雪が降ったボストン近郊。まだまだ雪が残っているけれど道路も車が走行できるようになり、飛行機も運行できるようになりました。そして何よりも晴れ!あぁ、なつかしいボストンローガン空港!パンデミック前は毎週のようにどこかに行ってたのよね。

2日前の雪がまだ残るローガン空港

チェックインから出発ゲートへ

朝9時のアメリカン航空チェックインカウンターもセキュリティもとても空いていて、平日の朝は飛行機はほとんど乗らずにガラガラなんじゃないかな?という予感。

Legal Sea Foodsも以前のような多くの人がいる状況ではなくゲート付近の椅子も人がまばら。

Logan Legal Seafoods

一部の路線は満席のような雰囲気だったけれど、多くの路線は搭乗率かなり低い印象でした。

A321 Sharklets仕様ファーストクラス搭乗!

事前チェックでファーストクラスがかなり空いていたので、これは運良くアップグレードされるはず!とゴールドではほぼ恩恵に預かることができないラッキーに期待!運良くアップグレードされたのでファーストクラス搭乗でした!

ボストン⇄JFK路線は一部Sharklets仕様A321が飛んでいるので、飛行時間が50分程度とかなり短いながらもちょっとだけ楽しみました!

雪が残るボストンローガン空港から離陸!

そしてファーストクラスの恩恵で久々のGoose Island IPAを堪能します!幸先良いスタート!

マンハッタン!

久々のマンハッタンに心躍ります!NYCにもかなり雪が降ったことが伺えます。歩道の方に雪が寄せられていてキャリーを引きながらの移動はちょっとだけ大変だったけど、そんなことは気にならずにとりあえずお腹を満たせますよ!

Katsu-Hamaとんかつ!

出張はまずは腹ごしらえから!NYC最初の食事はKatsu-Hamaさんの「とんかつ」でした!あぁ、この厚みの豚肉、ジューシーな肉汁、サクサクな衣にどっさりと乗ったキャベツ!これですよこれ!ボストンにはこんな感じのとんかつがないのよね。堪能しました!

Katsu-Hama

Other Half Rockefeller

NYCに次に行ったら寄ろう!と決めていたアザーハーフのロックフェラー店!Katsu-Hamaさんからめっちゃ近いのですよ。

Other Half Rockefeller

タイミングよく8周年のコラボビールが盛りだくさんありまして、缶は売り切れでもタップで飲めました〜。

  • 8th Anniversary Collaborative Imperial IPA (Fidens, Equilibrium, Vitamin Sea)
  • 8th Anniversary Collaborative Oat Cream IPA (Alvardo Street, Burial, Green Cheek)

そうそう。ラッキーなことに、ちょうどタップルーム滞在中に予約していた人からの連絡が入り、ロックフェラー店に来れなくなったとのこと。売り切れだった8th Anniversary Collaborative Oat Cream IPAが4缶が急に浮いてきました!

カウンターの横にいたフィラデルフィアから来た人と意気投合し、2缶ずつ分けて買おうぜ!ってことになって即決。本当にラッキーだった!ということで戦利品ゲット!

できたばかりでとても綺麗な小さなビアバーですよ。お近くに来た際にはぜひ立ち寄ってみてください!

Ramen Ishida

今回のNYCで食べたかった物がとんかつの他にもあって、それがこれ!Ramen Ishida。色々見聞きしていてとても気になっていたのよね。Shoyuがトリュフが入っていてオススメらしいんだけど、天邪鬼な私はShioにしましたよ。ちぢれ麺でアメリカではなかなかお目にかかれない美味しい塩ラーメンをいただきました!

Ramen Ishida – Shio

NYC在住の素敵な方々と一緒に楽しむことができてこれもまたラッキーでした。

JFKからBOSTONへ

出張最終日。仕事が15時過ぎまであり、フライトは17時半。タクシーやライドシェアだとこの時間は渋滞で1時間以上かかることもあり、ここはロングアイランド鉄道 (LIRR) とJFK AirTrainを使っての移動で確実に1時間で空港に行ける方法で移動。

無事1時間で到着し、安心してチェックイン。

フライト遅延

飛行機の遅延は日常なのでそんなに心配しないし、往路も実は遅延したんだけど、この復路に関してはJFK空港付近の天気によるためのようだったからちょっと心配した。

というのは、搭乗する飛行機はClevelandからJFKに到着する機材が使われるのだけど上空で何度か旋回した後にPhiladelphiaにDivertしてしまったのである。つまりボストンに戻るための飛行機がなく、場合によっては機材ぐりできずに欠航。もしくはPHLにDivertしたやつがJFKに戻ってきてようやく乗ることができることになり数時間の遅延。

出発ゲートもどたばたしだして、ゲートが二転三転代わりあっちにいったり、こっちにいったりと空港内で結構あるく結果に。

しかし最終的にアメリカン航空、この日はファインプレー!WorcesterからJFKに来る飛行機を充当してくれて、これでボストンに飛べることに!結果遅延は1時間で済みましたよ!

再びファーストクラス搭乗

そして復路も運良くアップグレードでファーストクラス搭乗。しかしこの便はSharklets仕様ではないため旧ファーストクラス座席で1:2の並び。私は1人席の左側に着席。

さよならNYC!また会う日まで!

そしてただいまボストン!

Tsurumen Davis

NYCを15時にでた後何も食べずにいた腹ペコな私は、ボストンに帰った後はまたここでもラーメンをいただきました!我らボストンが誇る鶴麺のDavis店ですよ!

Tsurumen Davis

881日目にPork Shoyu Ramenをいただきました!ちぢれ麺がスープに絡んで美味しかった〜。

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén