カテゴリー: テーマ

La Villita Historic Village San Antonio

ラ・ヴィリタ サンアントニオ La Villita Historic Village

サンアントニオの中心地の南側にLa Villitaという小さな可愛いエリアがあります。ここにはアンティーク、メキシコ由来の雑貨、服屋、アートなど数カスのお店からレストランやテラスカフェなどもあるんです。リバーウォーク沿いなので、もし時間があったら是非立ち寄ってみてください。

目次

リバーウォークからのアクセス

丸く囲まれたリバーウォークの南側、Presa St橋付近から La Villita はアクセスできます。円形の舞台もありそこでは何かイベントも開催されているのかなと思います。

La Villita Historic Village
La Villita Historic Village

リバーウォーク沿いからアクセスすると、可愛いタイルの絵の案内があります。

La Villita Historic Village
La Villita Historic Village

階段もタイルの絵が飾られていてとても可愛らしいんです。

La Villita Historic Village
La Villita Historic Village

壁も地面も石が作られていて趣がありますよね。

La Villita Historic Village
La Villita Historic Village

街並み

ビレッジからはゲートをくぐって円形のシアターにアクセスできます。

La Villita Historic Village
La Villita Historic Village

レンガ道で、樹木が植えられたエリアも石で組み立てられていてこのビレッジ全体を見ているだけでも楽しくなります。

La Villita Historic Village
La Villita Historic Village

エリア内には噴水もあって、のどかな雰囲気を楽しめます。

La Villita Historic Village
La Villita Historic Village
La Villita Historic Village
La Villita Historic Village

アートギャラリー

雑貨店、服屋の他にも絵画を取り扱っているアートギャラリーもありました。

Art Gallery - River Art Group Inc
Art Gallery – River Art Group Inc

レストラン

食事のタイミングではなかったのと、次の予定があったため外観しかありませんが、気になるレストランやカフェがいくつかありました。もし行った事ある方は是非コメントくださいね。

Fig Tree Restaurant
Fig Tree Restaurant
Guadalajara Grill
Guadalajara Grill
Smoke Texas River Walk
Smoke Texas River Walk

教会

ビレッジの南側には道路を隔てて St. John’s Lutheran Church があります。このあたりにもホテルがあるので、そのあたりに宿泊している人はビレッジでの食事なども良いかもしれませんね。

St. John's Lutheran Church
St. John’s Lutheran Church

場所

リバーウォーク散策中に立ち寄ることもできるし、ここを目的に時間を多く使うのもありですよ。昼間しか訪れなかったのでその雰囲気しかわかりませんが、夜はまた感じが違うかもしれませんね。

公衆トイレもあるので、ちょっと困った時に立ち寄るのもありだと思います。

関連ブログ

サンアントニオ・リバーウォーク・2023年クリスマスホリデー

サンアントニオ・リバーウォーク 2023年クリスマス・ホリデー観光

2023年末の旅行はテキサス州のサンアントニオ。計画が遅かったこともあり、比較的コストを抑えながら寒いボストンを離れて楽しめそうなところ、かつ市内観光以上のことができそうなところということで選んでみました。

2023年12月25日から28日の3泊4日での旅行。

全米各地12月25日のクリスマス当日はレストラン含めたお店が閉店していることがほとんどで、過去の旅行先では失敗したことも。そのため心配していたのですが、なんとここサンアントニオは多くのレストランが空いていて、スターバックスやCVSも開いていました!クリスマスイブや当日に旅行に行くには良い街だと思います!

目次

リバーウォーク

サンアントニオといえばまずこのリバーウォーク!

地上よりもひとつ下のレベルに運河が通っていて、電動スクーターすら通れない徒歩専用の川沿いの道がずっと広がっています。この川沿いにレストランやショップが多くあり、散歩しながら気になったお店に寄ることができます。

サンアントニオ・リバーウォーク
サンアントニオ・リバーウォーク

ちなみに朝からお昼くらいまではホリデーシーズンの影響かとても人が少ないです。夕方から夜になるといままでどこにいたんだ?というくらい多くの人で賑わいます。

レストランはTex-Mex系が多いですが、イタリアン、アメリカン、シーフードなど多くあります。アジア系はリバーウォークでは見つけられませんでしたが、少し外れたところに数店舗ありました。クレープを取り扱うフレンチカフェやレストランなどもあります。

このリバーウォークはニューオーリンズのバーボン通りと同じでお酒を飲みながら歩くことができるんです。特にパンデミック後にどこのレストランもテイクアウトのお酒をやりはじめたみたいなことをバーテンダーから聞きました。

ライトアップ

クリスマスシーズンだけなのか、常にやっているのかわかりませんが、夜はリバーウオーク全体がライトアップされてとても綺麗です。もしかしたら夜の方が綺麗なので賑わい始めるのかもしれません。

リバーウォーク・ライトアップ
リバーウォーク・ライトアップ
リバーウォーク・ライトアップ
リバーウォーク・ライトアップ

ボートでの運河観光は朝から夜までやっていますが、夜は人気で並びます。バーにマルガリータを買いに来た観光客と会話したところ、1時間から90分待ちだとか。でも、お酒を飲みながら列に並んでいればいいのでそういう時間の使い方はありですよね。

リバーウォーク・ライトアップ
リバーウォーク・ライトアップ

橋の上からの眺め

サンアントニオ・リバーウォーク E Houston Street から
サンアントニオ・リバーウォーク E Houston Street から
サンアントニオ・リバーウォーク E Commerce Street San Antonio Marriott Rivercenter on the River Walk
付近から
サンアントニオ・リバーウォーク E Commerce Street San Antonio Marriott Rivercenter on the River Walk 付近から
サンアントニオ・リバーウォーク Hungman's Oasis 付近から
サンアントニオ・リバーウォーク Hungman’s Oasis 付近から

多種多様な橋

リバーウォークの上は地上なので、そこを通るための道路や歩道があります。運河の上は橋になっているのですが、リバーウォーク沿いからは異なった橋を見ることができます。

La Villita前の石橋

La Villitaから対岸への石橋
La Villitaから対岸への石橋

Presa Street

Presa
Presa
Presa
Presa & Navarro

Navarro Street

Navarro
Navarro
Navarro
Navarro
Navarro
Navarro

St. Mary’s Street

St Mary's
St Mary’s
St Mary's
St Mary’s

Commerce Street

Commerce Street
Commerce Street

Commerce Streetの橋は運河のT字路にあたるので、信号もあります。

運河の交差点にある信号機
運河の交差点にある信号機

ダイニング

The Original Mexican Restaurant

12月25日のクリスマス当日にサンアントニオに到着し、そのままホテルまで移動した後にリバーウォークを散歩しながら遅めのランチにしました。お休みのレストランもありましたが、食べ物に困ることはないくらい飲食店はあいています。

サンアントニオに行ったらまずはTex-Mexのレストランでしょう、ということでここに行ってみました。

とりあえずビールでしょう、とローカルの ALAMO Golden Ale を飲みました。

各テーブルにはトルティーヤチップスが配られます。お腹空いていたのでメイン料理が来る前にパクパク食べてしまいました。

Tortilla Chips
Tortilla Chips

どれもボリュームがあってお腹いっぱいになりました。遅めのランチだったこともあり、夜はスキップしちゃいましたよ。全品$15くらいでした。

https://www.originalmexican.com/

Domingo Restaurante

キャノピーbyヒルトンにあるリバーウォーク沿いのレストランで、朝食で利用しました。ユニークなメニューが多くて味も良いですよ。後から調べてみたら評判良いようでした。

月から木の15時から17時はハッピーアワーでカクテルやアペタイザーがお得ですよ。

Domingo Restaurante - Avocado Toast
Domingo Restaurante – Avocado Toast
Domingo Restaurante - Scrambled Egg Tacos
Domingo Restaurante – Scrambled Egg Tacos
Domingo Restaurante - Passion Fruit Margarita
Domingo Restaurante – Passion Fruit Margarita

Rocky Mountain Chocolate

The Original Mexican Restaurantの後に寄ってみたのですが、お腹いっぱいだったことと、ホットチョコレートはやってないとのことで今回は中を見学するだけで出てきてしまいました。

チョコレートだけでなくキャラメルアップルなども売ってます。

Justin’s Ice Cream Co

午前中や昼間は全然並んでないのに、夜になるととても並びます。リバーウォーク全体が混雑するのと、食事の後にアイスクリームが食べたくなるのか繁盛していました。

変わった味のアイスもあったような気がしますが、無難なコーヒー味にしましたよ。美味しかったです。

Hard Rock Cafe サンアントニオ

リバーウォークからも入れるし、地上からも入ることができます。車で行く人は近くに駐車場があるので、そこに停めて行くと良いですね。

食事では利用しませんでしたが、ショップでTシャツを買いました。

クリスマス当日も開いていました。

Hard Rock Cafe San Antonio
Hard Rock Cafe San Antonio

ホテル

今回、2箇所のホテルを利用しました。

キャノピーbyヒルトン サンアントニオ リバーウォーク

たまたまAMEXのプロモーションもあったことからこのホテルを選んだのですが、結果的に大正解でした。リバーウォーク階にあるDomingo Restauranteレストランを抜けて川沿いを歩くことができるんです。

リバーウォークが目的の人はぜひ検討してみてください。Domingo RestauranteもOtro Barも良いですよ!

ホテルについては別のブログに記載しているのでこちらもぜひ読んでみてください。

エレメント サンアントニオ リバーウォーク

もう1箇所滞在したのが element San Antonio Riverwalk。Riverwalkという名前ではありますが直結はしていないものの運河のすぐそばです。そしてここはサン・フェルナンド大聖堂 (San Fernando Cathedral) がある広場 (Mainplaza) の横なので、ここにも観光に行きたい人には良いと思います。

新しいホテルで綺麗なのと、キッチンと大きな冷蔵庫もついているのでホテルに求めるもので判断するのが良いですね。

最後に

のんびりと過ごしたせいもありますが、あと数日滞在して、リバーウォークをもう少し広範囲で歩いてみても良かったかなと思いました。西側の方のホテルに滞在したので東側はあまり行かなかったのですが、マリオットがあるあたりにはショッピングエリアやアミューズメントなどもあって、そっちも行ってみても良かったなぁと。

また機会があれば行っても良い、満足のできるサンアントニオ旅行でした。

関連ブログ

Canopy by Hilton San Antonio Riverwalk

キャノピーbyヒルトン サンアントニオ リバーウォーク宿泊記~リバーウォーク直結オススメホテル!Canopy by Hilton San Antonio Riverwalk

テキサス独立戦争の舞台となったThe Alamo (アラモ砦) のあるサンアントニオ。2023年末のクリスマス時期に観光。その際にリバーウォーク沿い、かつ直結しているキャノピーbyヒルトン サンアントニオ リバーウォークに宿泊してきました。クリスマスホリデーシーズンなのでライトアップやデコレーションも綺麗だったー。

スタッフが親切で、リバーウォーク (RW) 直結、美味しい食事と飲み物を提供する併設レストランとバーのあるホテルで、いつかまた San Antonio に行ったらまた泊まりたいホテルです!キングベッド部屋が比較的多いようなので、カップルだと部屋の選択肢が増えるかと思います。添い寝の小さい子供がいる家族もありかもしれません。

目次

客室

2 Queen Beds Room

今回の部屋は2 Queen Beds Room。部屋からはRiverwalkが斜めに見えるビューで、隣の建築中のビルの工事の様子も見えました。部屋によってはRiverwalk Viewやバルコニー付きもあるので、気になる人はそちらの部屋も良いと思います!

Canopy San Antonio Riverwalk 2 Queen Beds Room
Canopy San Antonio Riverwalk 2 Queen Beds Room

バスルーム

バスルームはおしゃれなデザインでシャワーとトイレがスライドドアで閉められる形になってました。

Canopy San Antonio Riverwalk - Bathroom
Canopy San Antonio Riverwalk – Bathroom

ネスプレッソと冷蔵庫

部屋にはネスプレッソが設置されていて、黒、水色、デカフェのポッドが二個ずつおいてました。必要になれば連絡すると持ってきてくれますよ。冷蔵庫が無いなぁと思ってたらスライド式になってました。

Canopy San Antonio Riverwalk - Nespresso & Fridge
Canopy San Antonio Riverwalk – Nespresso & Fridge

ハンガーと荷物台

廊下にハンガーと荷物棚があります。

Canopy San Antonio Riverwalk - Hanger
Canopy San Antonio Riverwalk – Hanger

ホテル

リバーウォーク沿いにあり、夜は3階Otro Barのライトアップもわかります。エントランス下はリバーウォークフロア (RW) になっていて、Domingo レストランがあり、そこを抜けてリバーウォークに直接移動することができます。

Canopy by Hilton San Antonio Riverwalk
Canopy by Hilton San Antonio Riverwalk

ホリデーなのでデコレーションもクリスマス仕様でした。

Canopy by Hilton San Antonio Riverwalk - Holiday Decoration
Canopy by Hilton San Antonio Riverwalk – Holiday Decoration

チェックインカウンター

キャノピーbyヒルトンは2回目ですが、おそらくこういうおしゃれなチェックインカウンターがブランドとしてのスタイルなんだと思います。正面にちょっとした待合い席があり、左奥がチェックインのレセプションになっています。

Canopy by Hilton San Antonio Riverwalk - Reception
Canopy by Hilton San Antonio Riverwalk – Reception

エレベーター

1階エレベーターホールはコンクリ打ちっぱなしの壁に絵が飾られてます。

Canopy San Antonio - Elevator Hall
Canopy San Antonio – Elevator Hall

客室フロアのエレベーターホールには異なる絵が飾られてます。

Canopy San Antonio - Elevator Guest Floor
Canopy San Antonio – Elevator Guest Floor

エレベーターでリバーウォーク (RW) フロアに行けます。Domingoレストランがあり、そしてリバーウォークに直接移動できます。

Canopy San Antonio - Elevator
Canopy San Antonio – Elevator

ダイニング

Otro Bar

3階にOtro Barがあり、リバーウォークを眺めながらカクテルや軽食を楽しめます。ヒルトン Gold もしくは Diamond のダイニングクレジットを利用することができるので、対象の方は部屋にチャージするようにしてくださいね。

Otro Bar View
Otro Bar View
Otro Bar View
Otro Bar View
Otro Bar Grinch
Otro Bar Grinch

Domingo Restaurante

朝食、昼食、夕食すべてここを利用できます。クリスマスの12月25日も空いているのでホリデーシーズンに来た時にも困らないですよ。

Domingo Restaurante Bar
Domingo Restaurante Bar

朝食にアボカドトースト、スクランブルエッグタコス、チュロスワッフルをいただきました。

Domingo Restaurante - Avocado Toast
Domingo Restaurante – Avocado Toast
Domingo Restaurante - Scrambled Egg Tacos
Domingo Restaurante – Scrambled Egg Tacos

月曜日から木曜日の15時から17時まで、ハッピーアワーもやっていて、特にカクテルがお得です。ホテルに宿泊していなくても、マルガリータを飲みに来てみては?パッションフルーツマルガリータ美味しかったよ!

Domingo Restaurante - Passion Fruit Margarita
Domingo Restaurante – Passion Fruit Margarita

ちなみにクリスマス当日限定の Traditional Red Pozole と Vanilla & Chocolate cupcakes メニューもありました。

Domingo Restaurante Christmas Special
Domingo Restaurante Christmas Special
Domingo Restaurante from Riverwalk
Domingo Restaurante from Riverwalk

関連サイト

関連記事

Castle in the Clouds

湖と山と森林の美しい眺望 Castle in the Clouds

バーモント州やニューハンプシャー州はホワイトマウンテン、グリーンマウンテンと自然が豊かで美しい景色を楽しむことができ、ボストン近郊からは車でのアクセスもいいので何度も訪れているが、Castle in the Cloudsには行ったことがなかった。そもそも、こんな場所があるのは知らなかった。

2021年10月10日から1泊2日で紅葉を見にニューハンプシャー州を訪れて、その際にラコニアのレールバイク体験とここの観光をしてきた。

山の上の豪邸からウィニペソーキー湖を一望できる、美しい景色を堪能できる場所。ゆったりと流れる時間の中でのんびりとしてみたい。

目次

豪邸マンションからのウィニペソーキー湖の眺望

豪華な建物に圧巻されるのも当然ながら、湖の眺望がまぁすごい。豪邸のいたる部屋から山や湖などが一望できるのだが、この調度品の窓から眺める湖はずっと見続けていたい。

360℃見渡すことができるので、湖側の部屋も、山側の部屋もあり、紅葉ピーク時だともっと綺麗に彩られた自然が見ることができる。

庭からの湖の眺め

豪邸の外観

Castle in the Clouds 豪邸正面
豪邸正面
Castle in the Clouds 庭から見た豪邸
庭から見た豪邸

マンションまでの移動

チケットにはチケット売り場およびダイニングエリアの出発地点からマンションまでのバス往復が含まれているが、徒歩で登り降りすることも可能だし、片道だけ徒歩にすることもできる。5分程度の距離なので、興味ある人は歩いてみるのも良いと思う。

雄大な山の上

さて、このCastle in the Cloudsは山の上にあり、向かうまでの山道を車で抜けると緑が広がった雄大な山が見れる。ここにはトレイルもあってハイキングができるようにもなっている。建物以外は無料なので、駐車場代なども特に不要。トレイルだけを楽しみに来ている人もいる。

コロナ前はダイニングエリアで飲食ができていたようだが、見学時にはあいにく開いてなかった。トレイルエリア近くのカフェテリア売店では飲食物を購入することができるので軽くお腹を満たすことは可能。

チケット

マンションに入るためには入場チケットが必要。チケットは現地でのみ購入可能。そしてチケットには種類があり、通常の建物を見学する自分でまわるツアーと、Basement Tourというものもある。時期によっては食事が含まれたツアーだったり、いくつかオプションがあるので詳しくはサイトを確認しておきたい。

Hours and Admissions

この Castle in the Clouds は靴職人が一代で財を築き上げて建立したもの。先祖代々の富豪の建物ではないのも非常に興味深いが、最終的にこの建物を手放すことになってしまった。ツアーガイドに背景や歴史などもあるので、ぜひそのあたりにも関心を持ちながら鑑賞してみると楽しめると思う。

関連記事

ニューイングランド紅葉列車ウィニペソーキー観光鉄道 Winnipesaukee Scenic Railroad

ニューイングランド地域の秋は紅葉がとても綺麗。メイン、ニューハンプシャー、バーモントの北部から色づいてきて、徐々に南下し、マサチューセッツ、ロードアイランド、コネティカットの方まで紅、黄、茶に変わった木々の葉を楽しむことができます。

さて紅葉を先取りしたかったり、何週にも渡って楽しみたい場合、バーモント州の Burlington 界隈や、ニューハンプシャー州のWhite Mountain、Kancamagus Highway (カンカマガス・ハイウェイ) などをドライブすることができますが、実は列車に乗りながら紅葉を楽しむこともできるんです。

そして、2022年10月10日の祝日にウィニペソーキー観光鉄道に乗車してきました。

目次

Fall Foliage Train | Winnipesaukee Scenic Railroad

Hobo Railroad が春、夏、秋に観光列車を運行しています。Meredith, Weirs Beach, Lincolnから運行していますが、季節限定で9月と10月に Fall Foliage Train という紅葉列車を運行しているんです。

ドライブだと時間や曜日を誤ると渋滞に巻き込まれたり、トイレに悩んだりしますが紅葉列車だとのんびりと車窓を楽しむことができ、加えて道路からは見られない風景も見ることができますよ。

Fall Foliage Train は Meredith Station から Plymouth にある Common Man Inn & Spa までを往復する全行程 4時間程度の観光列車です。

昼食のビュッフェ込みの観光列車で、往路終点の Common Man Inn & Spa で食事をとります。片道それぞれ1時間強程度のコースなのと、列車内にトイレもあるので心配事も少ないですよね。

Fall Foliage Trainの車窓から

列車の中からは色づいた木々を森の中や、川沿いに見ることができます。

Fall Foliage Train View
Fall Foliage Train View
Fall Foliage Train View
Fall Foliage Train View

Ashland 駅とダム

途中のAshland駅ではブリキ細工などを見ることができます。復路ではこの駅で途中下車するので、もう少しだけ観光することができますよ。

Fall Foliage Train View
Fall Foliage Train View

Fall Foliage Train View
Fall Foliage Train View

鉄橋を通る部分もあり川の景色も楽しめます。あいにくの天気だったのと、紅葉のピークまではもう少しだったので川沿いは緑の葉がまだ残っていましたが、天気が良いと川への反射も綺麗かなと思います。

Fall Foliage Train View
Fall Foliage Train View

クリスマスツリーファーム

紅葉とは離れますが、この観光列車で面白かったことの一つがこれ。

クリスマスツリーはこういうファームで育てられていて、これらが季節になると販売されているみたいです。知りませんでした。

Common Man Inn & Spa にて休憩

ここに停車するの?っていう駅も何もないところに止まり、そこで階段を使って下車します。

目の前が Common Man Inn & Spa なのでチケットに指定されたテーブルに着席し、各自ビュッフェをとってテーブルで食事です。

冷たい缶飲料とコーヒーなどがありますが、缶飲料はすぐに無くなるので早めに取るのが吉です。ビュッフェは並びますが、多分無くなることはないんじゃないかな。でも早めの方がいいでしょうね。

食事の後、希望者はCommon Innで買い物もできるみたいですが、ゆっくり食べてるとそんな時間はありませんでした。

Ashland 駅 (復路)

復路ではこの Ashland 駅で下車をして駅舎内やブリキ細工など観光できます。

少し戻って道路を渡るとブリキ細工のエリアがありますが、この線路上の景色が私のハイライトでした。

車窓から (復路)

Meredith 駅にて

最後 Meredith 駅に戻ってきてツアーは終了。売店にトイレがありますが結構混むので、お急ぎの人は早めがいいですね。

チケット

チケットの販売は Hobo Railroad のサイトで、例年7〜8月に販売。メルマガで通知が来ることもあれば、ソーシャルでの開示だったり、何も出ないで販売することも。7月になったらサイトをチェックするなどしておきたい。

チケットは Presidential Class、First Class、Coach Class とありますが、Coach Class で十分でした。座席は自由席なので、できるだけ早めに乗車して、往路進行方向の右側をオススメします。

https://hoborr.com/fall-foliage-trains/

関連記事

関連ツイート

The Roosevelt New Orleans, A Waldorf Astoria ルーズベルト ニューオーリンズ ウォルドーフ アストリア

ルーズベルト ニューオーリンズ ウォルドーフ アストリア宿泊記 The Roosevelt New Orleans, A Waldorf Astoria

一度は宿泊したいなぁと思っていた念願の The Roosevelt New Orleans に宿泊してきました!そして偶然にも2023年2月のマルディグラのメインイベントの週!Mardi Grasも楽しめて、ホテルも楽しめて、ニューオーリンズのグルメも楽しめて充実した宿泊でした。

目次

The Roosevelt New Orleans Entrance ルーズベルト ニューオーリンズ
The Roosevelt New Orleans Entrance ルーズベルト ニューオーリンズ

ホテル滞在

11月末のサイバーマンデーセールで航空券を購入し、急遽計画したニューオーリンズ旅行。子供の学校の休みにあわせてとってみたら New Orleans 最大のイベントの期間でした。

Lundi GrasからMardi Grasの翌日までの2泊3日滞在

まさにマルディグラの最高潮、ルンディグラのマルディグラに宿泊です。マルディグラの週なのでいろとりどりのライトアップがロビーにもされていて、チェックインのタイミングからもう雰囲気を味わえます。ホテルに滞在している人も首からネックレスを下げていたりしてお祭り気分なことが感じられます。

The Roosevelt New Orleans Lobby Mardi Gras ルーズベルト ニューオーリンズ ロビー マルディグラ
The Roosevelt New Orleans Lobby Mardi Gras
ルーズベルト ニューオーリンズ ロビー マルディグラ

Two Queen Beds One Bedroom Suiteにアップグレード!

部屋は普通の Two Queen Beds Deluxe を、滞在2日前の2月18日に抑えていたのですが、アップグレードされてスイートルームになりました!

ダイヤモンドステータスのメリットが生かされました!
Two Queen Beds Suite
Two Queen Beds One Bedroom Suite

ドアをあけるとソファベッドになるリビングがあり、奥にクイーンサイズのベッドが2つあるベッドルーム、奥にはバスルームがあり、広くて充実していました。

Two Queen Beds One Bedroom Suite - Bedroom
Two Queen Beds One Bedroom Suite – Bedroom

今回は大人2人とティーン1人の合計3名での宿泊だったので、スイートルームはとてもありがたくて部屋でゆっくり過ごせたのも良かったですよ。

トイレはバスルームと、リビングルームにもあります。

Two Queen Beds One Bedroom Suite - Bathroom
Two Queen Beds One Bedroom Suite – Bathroom

コーヒーはネスプレッソが部屋で飲めます

Two Queen Beds One Bedroom Suite - Coffee
Two Queen Beds One Bedroom Suite – Coffee

格式高いホテル

広いロビーに調度品も素敵なホテルの一階フロアでした。チェックインカウンターも歴史のあるホテルを感じさせる入ってすぐに楽しくなる空間でした。

The Roosevelt Lobby
The Roosevelt Lobby

エレベーターホールは広くてソファもあります。

Elevator Hall
Elevator Hall

現在も利用可能なのかわかりませんが、手紙を送る時はフロントに持って行かなくても良かったみたいです!各フロアのエレベーターホールにあるメールシュートに投函すると、一階に落ちるようになっていたようです。

ポストシュート
ポストシュート一階

エレベーターホールには電話も置いてあって、ダイヤル式のようなプッシュ式になっているので、もしかしたら1番とかでフロントにつながるのかも?

旧型デザインの電話

スイミングプール

ルーフトップのプールがありました。2月なので開いてないと思ったのですが、やってました。水着はやはり持ってきた方がいいですね。肌寒くてすぐに出てしまったかもしれませんが。

ちなみにプールエリアのバーは営業していませんでした。

Swimming Pool
Swimming Pool

ダイニング

Fountain Lounge

ルーズベルトにはいくつかダイニング施設がありますが、この Fountain Lounge では朝食も利用できます。

ダイヤモンドステータス特典の Food and Beverage Credit 対象レストランです
Fountain Lounge
Fountain Lounge

朝食はビュッフェを選ぶこともできますが、アラカルトにすることもできます。エッグベネディクトはクラシックとカニがありますよ。カニは少し臭みがあったので、クラシックの方が好みでした。

Classic Eggs Benedict
Classic Eggs Benedict
Lump Crab Benedict
Lump Crab Benedict

卵料理はベネディクト以外にも調理方法を選ぶものと、オムレツなど何種類かあります。パンケーキは美味しいかったです。

Garden Omelet
Garden Omelet
Buttermilk Pancakes
Buttermilk Pancakes

ニューオーリンズはベニエが有名ですが、ここのやつはラズベリーヌテラソースがついてきて、これは他では食べられないスタイルで美味しかったです。

Roosevelt Famous Beignets
Roosevelt Famous Beignets

中にはバーカウンターもあるのでお酒を飲むだけにも利用できます。

Fountain Lounge
Fountain Lounge

Teddy’s Cafe

コーヒーや紅茶、ケーキやサンドイッチなど軽食を楽しめるカフェもあります。

ダイヤモンドステータス特典の Food and Beverage Credit 対象カフェです
Teddy's Bar
Teddy’s Cafe

エクレアとコーヒーを楽しんでみました。

エクレア

The Sazerac Bar

唯一後悔してるのが、この The Roosevelt で Sazerac を The Sazerac Bar で飲まなかったこと!普段カクテルを飲まないのと、調査不足だったことがあるのですが、このホテルのは飲むべきでした!

マルディグラ開催中に宿泊するには

マルディグラは偶然

ちなみにニューオーリンズはマルディグラの時期でなくても十分に楽しめます。あえて合わせる必要はなく、この時期に旅行したのは、実はたまたまでした。

  • スクールバケーションウィークが2023年2月20日 (月) から24日 (金) までだった
  • 2022年11月末にJetBlueセールがあってダーツの旅のように行けるところを探したらニューオーリンズだった

飛行機をとってから予定を決め始めて、日程を眺めてみたら…まさかの Lundi Gras と Mardi Gras だったんです!

ピークシーズンのため、ここの滞在も含めて、ホテルを抑えるのは実は難儀したのですが、結果的に問題なく滞在できて本当にラッキーでした。

マルディグラのお祭りについてはまた別途ブログを書きます。

80,000ポイント/泊で滞在

ニューオーリンズで一番混むのがマルディグラ。その開催期間中、かつメインイベントの火曜日の Mardi Gras Day までの2泊3日を 80,000 ポイント/泊で宿泊できました。大人2名とティーン1名の合計3名、追加人数料金などもなしでの完全ポイント泊です。

また特典宿泊だったにもかかわらず、飲食で支払った金額に対するポイントやプロモーションなどで 3,275 ポイントを獲得できたので、実質のポイント消費は 156,725 ポイントでした。

ダイヤモンド特典で Food and Beverage Credit が $25/1人 が本人とゲスト1人分の計$50分/泊のクレジットが2泊分、合計$100もらえました。一部利用不可のダイニング施設がありますが、Fountain LoungeやTeddy's Barで利用できます。詳しくはチェックイン時に説明してもらえます。

マルディグラ期間中に The Roosevelt New Orleans, A Wardorf Astoria をポイント特典宿泊するには?

一年の中で最大のお祭りであるマルディグラ開催中はほとんどのホテルがキャンセル不可。またキャンセル可能でも2ヶ月前までなどの条件があり、ほぼキャンセル不可だと思った方がいいです。さらにポイント宿泊の場合もキャンセル不可も多いので、行けなくなるとポイントが戻ってきません。絶対に、何がなんでも行けるという人や、保険でカバーできる場合は良いですが、そうでない場合にはかなり厳しい制約。でもそれくらい混むんですよね。

加えてポイント宿泊の場合、早めに予約をすればスタンダード特典の80,000ポイントで宿泊できますが、混み合う時期なのでプレミアム特典しか出てこなくなることもあり、その場合はかなりのポイントが必要になります。

2023年9月23日現在、来年2月の特典宿泊はマルディグラの2/13前後は空いていますが、直前の週末はすでに特典予約ができません。加えて2/12-14の2泊3日の特典予約はキャンセル不可です。

The Roosevelt 2024年2月 特典宿泊カレンダー

では、

  • マルディグラ会期中にルーズベルトに宿泊したい
  • スタンダード特典で宿泊したい

場合にどうすれば良いか?というと、

  1. キャンセルはしないので早めにスタンダード特典で予約する
  2. 仮のキャンセル可能なホテルを押さえておいて、もうキャンセルすることはないだろうと判断できる時期から直前までの間、諦めずにルーズベルトに80,000ポイント泊が出るのを狙う

の2つかと思います。

ちなみに私は2の方法で抑えました。ボストンから2月に飛ぶフライトなので雪で欠航のリスク、冬の病気リスクなどもあるので、キャンセル不可ホテルを早めに抑えるのはできませんでした。そのため、この方法になりました。毎日サイトと睨めっこしたり、ホテルを悩んだり、運頼みのところもありますが、うまくとれたらラッキーという気持ちであれば取れると思います。

最後に

フレンチクォーターやバーボンストリートにも近く、観光にも良い場所です。近隣にレストランもたくさんあるし、ホテル内のレストランも満足できると思います。

特にダイヤモンドステータスの人は恩恵を受けられると思います。

また泊まってみたいホテルです。そして次回はSazeracを飲まないとね。

関連ブログ

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén