旅と観光

カテゴリー: コロンビア

Check-Migコロンビア出入国時に必要な申請書類と注意事項

2023年11月5日現在、Check-Migのサイトが更新され、2023年4月に私が利用したフォームよりも非常に使いやすくなっています。入力内容は大きく変更されていませんがフォームそのものは異なっているので参考情報として利用していただければ幸いです。

Check-Migサイトはこちら

この記事は2023年4月19日から4月21日の3日間の観光滞在の際に、私が個人的に申請して問題なく入国および出国できた情報です。誤りなどがあればご指摘ください。

コロンビア入国および出国の72時間前から24時間前までにCheck-Migというサイトで渡航者の情報と渡航目的をオンラインで申請する必要がある。

申請そのものはそれほど難しいものではないが、個人的に一部ハマり申請をやり直したため、申請方法と注意点をまとめておく。特に在外日本人など国籍と居住国が異なる場合には注意。

目次

コロンビア政府が運営しているサイトで申請をすれば無料だが、一部有償サービスで提供しているところもあるので注意が必要。検索すると有料サービスサイトが出てくることが多いので、必ず.gov.co ドメインのサイトを利用したい。

申請方法

フォーム入力の準備

1. Check-Migサイトを開く

2. 言語をスペイン語、英語、フランス語から選択し、Make your Check-Migをクリックして申請フォームを開く。ここでは言語は Englsh とします。

Check-Mig | Migración Colombia

Travel Informationの入力

3. 最初のページでは移動手段、入国か出国かの選択、その選択肢に伴う必要事項を入力。

  • What means of transport will you use for your trip?

    移動手段を以下から選択
    • Air : 飛行機
    • Land : 陸路 (バス、鉄道、車、など)
    • Maritime : 海路 (大型客船など)
    • River : 水路 (船など河川からの出入国)
  • Registration type

    入国時の申請か、出国時の申請かを選択。ここでは入国を選択。
    • Entrance to Colombia : 入国
    • Departure from Colombia : 出国
  • City of Entry to Country (Immigration Checkpoint) : コロンビア到着の空港

    例) BOGOTA D.C. (BOG) EL DORADO AIRPORT / ボゴタ空港の場合
  • Flight Date : 渡航日
  • Type of Flight : 飛行機の種類
    • Non-Regular / Private Flight : チャーターやプライベートジェット
    • Commercial Flight : 定時運行の民間航空機
  • Flight Number (no letters) : 便名の数字のみ

    例) 79
  • Where does your flight come from : 到着飛行機の出発地

    例) CURAZO – BOGOTA / キュラソーからの飛行機の場合
  • Airline : 航空会社

    例) AVIANCA / アビアンカ航空の場合
  • Country of origin : 全旅程の開始地 (下記注意点③)

    例) Country = ESTADOS UNIDOS, State = NUEVA YORK, City = NUEVA YORK / ニューヨークからの場合

全項目入力後 Next をクリック

Check-Mig | Travel Information

Biographical Data と Hosting Data の入力

国籍、渡航文書の種類 (パスポートなど)とその番号、有効期限、姓名、出生時の姓、性別、誕生日、出生国、居住国 (下記注意点①)、メールアドレス、ビザの有無、渡航目的を含めたBiographical Data、コロンビア滞在中のホテルなどのHosting Dataを入力。

Biographical Data

  • Nationality: 国籍
  • Type of Travel Document : 渡航文書の種類
  • Number of Travel Document : 渡航文書数
  • Passport number : パスポート番号
  • Passport Expiration Date : パスポート有効期限日
  • Surname (Family name) : 姓
  • Surname at birth (Former family name(s)) : 旧姓
  • First name(s) (Given name(s)) : 名
  • Second name: セカンドネーム
  • Gender: 性別
  • Birth date: 誕生日
  • Country of birth: 出生国
  • Country of Residence: 居住国
  • Email: メールアドレス
  • Email Confirmation: メールアドレスの再確認
  • Do you have a visa for going into Colombia?: ビザの有無

    VISA Waiverの場合は No
  • Trip reason for Entry to Colombia: 渡航理由

    例) TURISM / 観光の場合

Hosting Data

  • Department
  • City: 滞在市
  • Address: 滞在先住所
  • Telephone number/ cellphone number: 滞在先電話番号

全項目入力後Nextをクリック。

Check-Mig | Biographical Data, Hosting Data


Do you travel with minors?

未成年者を同伴の場合YESをクリックして情報を追加する

質問事項への回答 (入国用の申請時に表示される)

入国用の申請の場合には、表示された質問事項に回答しNextをクリック

申請終了後のポップアップにあるリンクをクリックしてPDFをダウンロードし、スマホで表示できるようにしておく、もしくは紙印刷をしておく。

以上で申請は終了。印刷しておいた方が電池切れなどでスマホが動作しなくなった場合に融通が効くので、可能であれば紙が安心かもしれない。

ちなみに私の場合、申請をしたのが60時間〜72時間前ですでに処理をされていたためか、入国審査、出国審査ともにCheck-Migの申請確認PDFの画面は要求されなかった。

注意点

  1. Country of Residence (Biological Data欄) が他フィールド変更ごとにNationalityに自動補正されてしまうため、次のページに移動する前に必ず再確認し、国籍に戻っている場合には居住国に変更した上でNextをクリックすること
  2. Country, State, Cityの選択肢は英語版ページでもスペイン語表記のため、スペイン語での国の表記を覚えておくこと (例: 日本→JAPON、アメリカ合衆国→ESTADOS UNIDOS)
  3. Country of origin (コロンビア入国時申請のTravel Information欄) は全行程の出発地を入力する
  4. 申請完了後にメールは届かないので心配しないこと
  5. 申請完了ページからPDFをダウンロードしてスマホに保存する、もしくは紙に印刷して持参すること

Country of Residence欄が自動的にNationalityに補正される

在外日本人など国籍と居住国が違う場合、Country of Residenceは国籍とは異なる居住国を選択するが、他フィールド選択時にこれが国籍に自動的に戻ってしまう。例えば、Country of ResidenceをESTADOS UNIDOSにした後でTrip reason for Entry to ColombiaからTURISMを選択すると、JAPONに戻ってしまう。

Country of Residenceは他のフィールドをすべて入力してから、最後に設定し、Nextで次ページに移動するのが良い。

国、州、市の選択一覧はスペイン語表記

スペイン語での国、州、市の表記方法を知らないとハマります。日本は比較的わかりやすいし、知っている人も多いかもしれないけれど、他の国や市は戸惑うことも多いのでは。

英語スペイン語
United States of AmericaESTADAS UNIDOS
United KingdomREINO UNIDO
JapanJAPON
New YorkNUEVA YORK

Country of origin欄は全行程の開始地点を入力

コロンビア入国時の申請の際、Country of originの入力が必要。コロンビア一カ国の旅行の場合は最初の出発地を選択すれば良いので迷いもないと思う。

しかし、複数の国を渡ってコロンビアに旅行に行く場合など、必ずしもコロンビア到着飛行機の出発地が開始地点じゃない場合もある。

私の今回の旅程は以下の通りコロンビアが2カ国目だった。

  1. ニューヨークJFK → (ボゴタ乗換) → キュラソー滞在
  2. キュラソー → ボゴタ滞在
  3. ボゴタ → ボストン

この行程の場合Country of originはJFKになると判断し、ESTADOS UNIDOS > NUEVA YORK > NUEVA YORKを選択した。これで問題なくコロンビアに入国できた。

申請は72時間前から搭乗の1時間前までに

フォームは事前にオンラインで申請する必要があるが、早くて72時間前 (3日前) からなので、忘れないように申請すること。場合によっては渡航先からの申請になるので、スマホでやるか、ラップトップでやるか、あらかじめ Check-Mig を利用して入力のしやすさを確認しておくと良いかもしれない。。

02. CÓMO REALIZO EL REGISTRO 
El viajero deberá ingresar a la página web de Migración Colombia https://www.migracioncolombia.gov.co/check-mig con hasta 72 horas de anticipación al viaje o hasta una hora antes del viaje y dar clic en la etiqueta Check Mig, dar clic en el idioma de preferencia, puede ser (Inglés, Francés y Español), dar clic al medio de transporte que va utilizar, seleccionar el tipo de registro (ingreso a Colombia o salida de Colombia) y escoger el puesto de control migratorio por donde se va a efectuar la llegada o salida del país, seguidamente diligenciar la información que el aplicativo solicite, finalmente, el viajero recibirá la confirmación de este proceso en su correo electrónico.

https://www.migracioncolombia.gov.co/check-mig

参考: コロンビア入国のパスポート残存期間

日本の一部の旅行代理店や渡航サポート企業の多くには3ヶ月とあるが、米国のサイトでは6ヶ月推奨などの記載もある。少し不安だったが家族の1人は3ヶ月以上6ヶ月未満の残存期間で問題なく入国できた。

関連情報

アビアンカ航空にてキュラソーとボゴタ旅行 ANAスターアライアンス特典航空券

ANAスターアライアンス特典航空券で初アビアンカ航空を利用〜キュラソーとボゴタへ

2023年1月にANAマイルを確認したところ、2023年2月末に有効期限が切れることが判明。米国東海岸在住でも使えて、リーズナブルに利用できるのはどこかな?と色々調べはじめた。もっと早くから調べれば良かったんだけど、ついうっかり忘れてたのよね。

結論から言うと以下のチケットを購入。なぜこの経路のAviancaにしたのかは以下を読んでみてください。

日付便名時間行程
2023/4/16AV217:25-12:15New York JFK→Bogotá
AV7913:55-17:00Bogotá→Curaçao
2023/4/19AV7818:20-19:15Curaçao→Bogotá
2023/4/21AV2227:20-14:45Bogotá→Boston

サーチャージなどの自己負担が少ない特典航空券は?

ANAの特典航空券をスターアライアンス、もしくは提携航空会社で発券することは可能なんだけど、ボストンやニューヨークからの選択肢は限られていて、かつ希望の日程で取れるかどうかも問題点。諸経費を比較的抑えて取れるのは以下の航空会社ということがわかった。

  • アビアンカ航空
  • TAPポルトガル航空
  • スカンジナビア航空
  • ユナイテッド航空 (アメリカ国内線)

ボゴタもしくは経由した別の都市でアビアンカ航空がとれる!

マサチューセッツ州の2023年4月のスクールバケーションウィークは4/17から4/21。この週でうまく特典航空券を取れないかと調べたところ、アビアンカ航空のチケットがうまく取れる!ボストンやニューヨークJFKから渡航しているのはボゴタで、そこを経由したフライトが取れそう!

カリブ海に浮かぶ世界遺産のオランダ領の島、キュラソーとボゴタの観光

元々興味があったのはカリブ海に浮かぶ島の国々。アルバ、キュラソー、ジャマイカ、St. マーチン、バルバドスなど。たまたま調べたら特典航空券を使ったアビアンカ航空でアルバやキュラソーに行けることがわかった。

だったら、カリブ海の国だけじゃなくてボゴタも観光しようよ、と2カ国訪問のツアーに切り替え。さらにボストン発もあるんですよ。

これは行くしかない!

Avianca Boston Curaçao Bogotá

…8時間15分待ち

せっかく日程的にも問題ないのに、深夜便で飛ばないといけないし、且つ経由地のボゴタにて8時間以上の待ち時間。この半分くらいなら許容範囲かもしれないけど、ちょっと厳しい。

JFK発にしたら乗り換えは1時間40分

もうこっちでしょう。

JFKまでの移動をどうする?という課題はついてきますが、それは後で考えるとしてまずはこれでしょう。

55,000マイル + $148.69で特典航空券の発券

JFK発キュラソー・ボゴタ特典航空券を発券するために必要なマイルと諸費用は55,000マイルと米ドル148.69。もうちょっと安い国ないのかな?と思ったけど、これは「キュラソー」と「コロンビア」それぞれの諸経費(税など)だから、それぞれの国だけだと$70-80なんですね。

  • 2カ国観光だとそれぞれの国での空港税など諸経費は嵩む
  • 限定的な日程の中で特典航空券を取るのは大変

2カ国観光してこの値段だったら悪くない!

ちなみにボゴタの乗り換え時間を24時間以内にすれば経由扱いなのでキュラソーだけの$80くらいでいけました。

$149.69の内訳

基本的に渡航に必要な諸経費だけが請求されています。

項目説明金額
AYUSA 米国Security FeeUSD 5.60
XAUSA 米国APHISUSD 3.83
XYUSA 米国Immigration FeeUSD 7.00
YCUSA 米国Custom FeeUSD 6.52
COColombia コロンビアAirport TaxUSD 46.00
JSColombia コロンビアTourism TaxUSD 15.00
ANNetherland Antilles キュラソーPassenger Facility ChargeUSD 65.74

米国 22.95 + コロンビア 61.00 + キュラソー 65.74 なので、もしキュラソーだけの渡航でコロンビアが乗り換えだったら $88.69 でした。

参考

アビアンカ航空の特典航空券は座席指定ができない!?

予約してからわかったのですが、どうやらアビアンカ航空の特典航空券は座席指定ができないんです。

ANAサイトから予約はできますが、座席指定画面になると「座席指定ができません。チェックイン当日対応ください。」みたいなメッセージが出ます。

この手の問題は、運航航空会社のサイトにログインし、予約番号を入れて紹介すると座席指定することができるのですが、そこでも弾かれてしまう始末。

本当に座席指定できないんです。

アビアンカに電話してみましたが「このチケットはANAの特典航空券なのでANAに連絡して」と言われ、ANAに電話してみても「アビアンカ航空が許可していないのでできない」と言われ、八方塞がり。最後の手段としてANAの方に「座席指定はいらないので三人並びで取れるようにアビアンカ航空に申し送りしておいてください」とだけ伝えて、それをメッセージに入れてもらいました。

それが良かったのか、同一予約だったからかわかりませんが、結果的に24時間前のオンラインチェックイン時にみたところ並びで座席は抑えられていました。希望の座席に変更はしましたが、こればかりはチェックイン時まで気が気ではありませんでした。

オンラインチェックインでPlus席が指定可能

事前座席指定ができないので家族がバラバラだったらどうしよう、などの不安がありましたが、一応並びで座席は抑えられていました。

例えば最終レグのボゴタ→ボストンのフライトAV222は30A, 30B, 30Cと飛行機の後部座席でした。

Aviancaチェックイン座席変更前
アビアンカ航空特典航空券の航空会社による座席指定

まだ前方の並びの席が空いているので、座席変更をしてみました。

ANAのスーパーフライヤーズでスタアラのPlatinumステータスの恩恵だと思いますが、Plus席を追加料金無しで指定することができました。

アビアンカ航空特典航空券のチェックイン時の座席変更

さらに前方のPremium席は702,600COP (約USD 150) 追加料金が必要だったのでやめました。

ニューヨークJFKからの旅の開始

さて、実際の旅です。

7:25発の国際線なので、JFKには5:00くらいに到着。初めてターミナル4に来ましたが、空港で軽く腹ごしらえして搭乗。米国内なのになんだか完全なアウェイ感。当然ですがスペイン語の方が多く聞こえました。

そしてターミナル4って国際線なのになんか寂しい仕様でした。ラウンジもそんなになかった気がする。

Avianca counter in JFK Terminal 4

アビアンカ航空の座席ピッチは狭い

さて初アビアンカ航空のエコノミークラス体験!

  • 綺麗
  • 狭い
  • 飲食有料
Avianca economy class seat pitch

トレイとか座席は米国エアラインなんかと比べたら遥かに綺麗なんだけど、ピッチが数世代前のエコノミークラス並みに狭いです。日系航空会社って狭いなぁって昔思ってたあの幅感覚。

特典航空券だし、6時間だし、まぁ大丈夫っしょと思ってましたが、この狭さはちょっと意表をつかれました。飲食も全て有料だし、スターアライアンス加盟航空会社ではあるものの LCC だなという印象。

今後は使うのを避けようというのが家族の総意。

ボゴタ空港アビアンカ航空カウンター

米国入国便なのでパスポートの他に滞在資格のビザやグリーンカードの確認が行われます。一通り準備しておけば特に問題ありませんね。そしてANAのステータスがあればエコノミーでも優先カウンターを利用できます。

そういえば、2日前のキュラソーからボゴタへのフライトでもグリーンカードの確認があったな。

ボゴタ空港のアビアンカ航空ラウンジ

最後のボゴタからボストンに戻る最に利用したアビアンカ航空のラウンジ。搭乗フロアの上に位置していて、施設自体は広くてとても綺麗でした。

早朝の7:20AMのフライトだったためかそれほど多くの食事はなかったけど、軽くお腹に入れられる感じのものでしたね。

仮にボストン発にしてここで6-7時間費やさないといけなかったと思うと、ちょっと時間を持て余してしまったかも。

世界の機窓から

飛行機のサービスはそういうものだから仕方ないんだけど、ボゴタまでのフライトルートは大西洋とカリブ海の島々の景色を楽しめるルートなんです。3列 + 3列の機材なのでトイレが近い人は難しいかもしれないけど、景色を楽しめる人は是非窓側をとってもらいたい。

View from Avianca flight - Cuba
先に見えるキューバ
View from Avianca flight - The Bahamas
The Bahamas

アビアンカ航空、有料機内メニュー

参考までにアビアンカ航空の機内食メニューはこちら。水も有料なので、空港で最後買っておくといいですよ。私はラウンジでのんびりしてしまい、飲み物を買うのを忘れたので機内で水を買うことになりました。

メニュー表紙

食事メニュー

飲料メニュー

全行程 JFK-BOG-CUR-BOG-BOS

航空券を取った時は実はあまり気にしてなかったんだけど、”アビアンカ航空” のサービスがわかっていたら、この経由は選んでなかったかも。だって、主目的地のキュラソーまでJFKからだと5時間未満だから、1時間長く飛んで、さらに1時間かけて戻るルートだからね。乗り心地の良い飛行機で食事が出たらちょっと違ったかなぁ。

JFK-BOG-CUR-BOG-BOS
https://www.freemaptools.com/plot-airport-routes.htm

旅行は満足、次は違う航空会社で

キュラソーでは3泊ゆっくりすることができて、次いついくかわからないコロンビアのボゴタも行くことができたので旅行そのものは大満足でした。そして航空券代も抑えることができたしその点は文句なし。

だけど飛行機のサービスがもうちょっと良かったら嬉しかったなぁというのが本音。キュラソーはまた行ってみたいし、ABC Islandのアルバ、ボネールも行ってみたい。

次は別の航空会社で行こうと思います!

それぞれの旅行と滞在ホテルについてはまた別途ブログを書き起こそうと思います。

関連記事

Bogota Yellow Cab Rip Off ボゴタのタクシーでぼったくり

ボゴタでタクシーぼったくり体験〜超過請求Dispute申請するも玉砕

基本的にUberを使うことをオススメするよ。そして少し高いけどUber Comfortを是非使うことを強くオススメする。Bogotáでは個人の車を使うことの是非が議論されていてUber Comfortだと商用登録車が使われているから安心なんだよ。

Mario in bogotá (Taka’s friend)

ボゴタ・エル・ドラド空港からホテルまでのタクシーでぼったくられました。乗車時間はものの10分。クレジットカード請求を見ると驚きの…

$88.19❗️❗️❗️

当日のレートで請求額を考えると COP 400,000 で通常のタクシーレートと比べると10倍以上!

ボゴタは1日だけのストップオーバーを利用した観光だったので調べてなかったんだよね。そしてホテルの送迎シャトルがあるからそれに乗るつもりで、それから色々調べようと思っていたのに空港についてシャトルに乗れず、疲れていたとはいえ色々失敗しました。

失敗ポイント

  • シャトルを逃したのを気にかけてくれた他のホテルスタッフが気を利かせてタクシーを勧めてくれて、金額は COP 35,000 と言われた。
  • 他ホテルのシャトルスタッフがオススメしてくれたから、安心してタクシーに乗った。
  • コロンビアペソとUSドルとの換算レートを頭に叩き込んでなかった
  • タクシーはメーターをつけてなかった
  • 疲れていたし、まぁ大丈夫だろうと確認しなかった
  • カードで払えるかと言われて金額を聞いたら COP 40,000 と言われたから支払った。

その後カードの請求額を確認したら $88.19とボストン空港から乗ってもそんな金額払ったことない額。つまり10倍の COP 400,000 を請求されていたのである。

Cervezaでクールダウン

当日は悔しくて、自分のバカさ加減にもイライラして、気を落ち着けるためにホテルバーでビール。グラスに中途半端な量だったけどそんなことはどうでもよくて (笑)、とりあえず飲みながらこのぼったくられた額をどうするか考える…

そうか。カード払いにしたから最後の可能性として方法があるかも…

Fraudで支払い却下を試みるも…

自宅に帰宅後の4月29日、カード請求も確定したのでクレジットカード会社にFraudの電話。

そもそも利用内容がComputer Programmingとかになっているし、カテゴリが違うことからFraudとして支払いを拒否する手続きを電話にて連絡。

  • Computer Programmingの明細は知らない
  • この日に利用したのはTaxiでそれも10分程度だからUSD10にもならない
  • 不正に請求されているのでFraud処理をしてほしい。

電話口の担当は親切に対応してくれて、一時的に全額振り込まれるもののFraud部門による調査の後、数時間後に却下。理由としてはカードのチップが読まれており、Fraudとの扱いにはならず、見ず知らずの人間が利用した状況ではないとのことからの判断。

超過金額Disputeで再トライするも…

とは言うものの、これはTaxiの利用内容としては不正請求であり、本来あるべき金額のみであれば支払いをするため再度異なるカテゴリーで5月2日にDispute申請。

Dispute Reason

レシートは持ってないし、口頭で言われたまま何も確認せずに支払ってしまったけれど、選択肢としてはこれが最善だと判断して選択。

5月5日の段階でクレジットカード会社が請求会社と直接やりとりをする手続きに移行。一時的に超過請求された額がクレジットされて、完全解決するまで最大60日かかるとのこと。マーチャント側が特に異議申し立てなどしてこない限り、この一時的にクレジットされた額は戻されることはなく解決されるらしい。

Dispute処理なんて過去にしたことないし、どうなるんだろう?

と1ヶ月ほど待ってみましたが、バンク・オブ・アメリカ側がマーチャントとやりとりをして、その後アップデートされたのがこちら。

Based on the information available to us, which may include information from you and/or the
merchant, and information within our own records, we made our decision because:

  • After reviewing the documentation, we found that the amount you were billed was calculated
    correctly.
Bank of america

実際に請求されとるし、きっとカード切った時に 400,000 COP だったんだろうなぁ。とほほ。

タクシー利用レシート

そしてその後、バンク・オブ・アメリカのステートメントも、超過請求分として申請していた $80 も取り上げられました。😢

Bank of America Fraud and Dispute Declined Statement

最後の足掻きでバンク・オブ・アメリカに電話をしてみるも…

レターとレシートコピーが届き、それでもダメ元で本来の金額ではありえないんだよ、などと会話をしてみたけれど、紙で証明されているレシートなどがない限りDisputeは認められないらしく、海外でのタクシー利用時における類似したクレームは多いとのことでした。

実はその前に別の中間レターが届いていて、そこにはレシートや他に証明できるものを送ってねとあったから、Google Mapのロケーショントラッキングのスクリーンショットを送ってみたりもしたけど、それでは対処できないとのこと。

ポリスレポートなどがあれば話は別だったと思いますが、そこまでの被害額かというと難しいので、その匙加減もきっとわかってるんでしょうね。

実際のタクシー利用距離

ちなみに実際に利用したTaxiはEl Dorado International AirportからAloft Bogotá Airportまでの本当にこんな短距離でUberだったらCOP30,000以下だったんじゃないかなと思う。だからCOP40,000でも上乗せしてるんだよねぇ。でもそれであれば勉強代として喜んで支払います。でも10倍は断固拒否よ。

4月19日のGoogle Maps Timeline

ボゴタでのタクシー利用は計画的に

現地の知人Marioに最初から会話しておいた方が良かったし、このブログにも記載されているけどボゴタでは

  1. Uber (Comfort) を利用する
  2. Taxi Appを利用する

というのが鉄則ですね。

それから公共の交通機関は利用できるけど、これもMarioはオススメしないと言ってました。スリが多いそうです。

Uber Comfortは30〜45分くらい乗車してもUSD10しないので安心を買うつもりでUber Comfortを体験談としてオススメします。

翌日からのボゴタ観光ではUber Comfortを2回利用したけど、時間も距離も長かったのにチップ足しても片道 COP 30,000 未満でしたよ。

高い勉強代として今後気をつけるようにします!

https://www.howtobogota.com/2014/12/01/10-tips-taking-taxi-bogota/

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén