旅と観光

カテゴリー: ペンシルバニア

Root’s Country、Kitchen Kettle Village、Dienner’s Country、市場とビュッフェのランカスター1泊2日観光

2021年夏休み9日間旅行の第2地点はランカスター (Lancaster, PA)。フィラデルフィアからレンタカーを西に走らせること2時間のこの場所。他の街では味わえないユニークな体験が沢山できて、個人的にはまた来てみたいところ。そして、次回はアーミッシュファームにて宿泊する計画を立ててきたい。

滞在中はアーミッシュファームツアー、ストラスバーグ鉄道蒸気機関車をしたが、それは別ブログに書いたので別途参照していただくとして、他にも面白かったことをここにまとめてみる。

Root’s Country Market Auction

毎週火曜日に朝9時から開催している大型市場。野菜、果物、雑貨、生鮮食品、なんでも扱っていて、かなり広い。そして安い!夏場に行ったので暑くて、加えてマスクをしていたので屋内の移動がちょっと大変だったけど果物沢山買えた!スーパーとかで買うよりもなんか楽しいし、牧場からの新鮮な牛乳も買えたし、ここはとてもよかった。

火曜日を予定にあわせて是非行ってみてもらいたい。夏は暑いので水など対策を忘れずに。

Root’s Country Market Auction

https://www.rootsmarket.com/

Kitchen Kettle Village

観光客向けのエリアにある比較的広めのショッピングエリア。ソーセージ、チーズ、はちみつなど色々取扱がありました。お土産を買うのに良い場所で、はちみつやジャムを買ってきましたよ。

Kitchen Kettle Village

ポップコーンに似た甘いケトルコーン (Kettle Corn) もたべてみた。しょっぱいイメージが頭にあるから、食べててなんかバグった感じになる体験でした。

Kitchen Kettle Village

https://www.kitchenkettle.com/index.asp

Immergut Hand-Rolled Soft Pretzels

ソフトプレッツェルのお店。テイクアウトして外のベンチで食べた。焼きたてで柔らかくて美味しかったよ!Kitchen Kettle Villageの横なので、買い物とあわせてくることオススメです。

Immergut Hand-Rolled Soft Pretzels

Dienner’s Country Restaurant

ビュッフェスタイルのレストラン。食事だけでなくデザートも全部食べ放題でめちゃめちゃ安かったことだけ覚えてます。味もよかったし、大満足でした。

ディナーもやってるけど、閉店が6時とか7時なので、計画的に早めに来ることをオススメします。

Dienner’s Country Restaurant

https://www.dienners.com/

宿泊

アーミッシュファーム宿泊は計画が遅すぎたのと1泊での宿泊は選択が限られたため、今回はHomewood Suites by Hilton Lancaster Pennsylvaniaに。

冷蔵庫大きかったからビール管理には役立ちました (笑)

Homewood Suites by Hilton Lancaster, PA

トラブル

旅行にトラブルはつきものだけど、このランカスター旅行ではトラブルが2つ発生。

  1. フィラデルフィアでのレンタカー借りに90分!
  2. 次の地点のワシントンD.C.に行く途中でパトカーに捕まる!

このトラブルについてはそれだけでブログまとめようかな。色々計画していてもうまくいかないことってありますよね。笑

ランカスター観光はオススメ

関連記事でも書きましたが、とにかく一度は行ってみると良い場所。レンタカーが必要だし、どこを拠点にするかなど計画する必要ありますが、もし機会があれば是非行ってみてください!

  1. 2泊3日で余裕を持って!
  2. 火曜日を含めてRoot’s Country Market Auctionに行って!
  3. アーミッシュファームに宿泊してホテル泊とは違う体験を!

関連記事

ストラスバーグ鉄道 蒸気機関車ツアー

蒸気機関車はアメリカ各地で乗車することができるが、まだ一度も乗ったことがなかった。テレビで見かけた Strusburg Railroad を調べたところアーミッシュ村のあるランカスターの近くであり、フィラデルフィアから車で行けるということを知り、夏休みのロードトリップの1拠点に計画した。この蒸気機関車体験、結論から言うと長閑な緑が広がる街並みを見ながら、思ったよりもなかなか楽しめたので、近隣に来る人には是非おすすめしたい。

45分の機関車ツアー

全行程45分の機関車乗車体験。列車はゆっくり走るので周りをゆっくり見学することができる。広い緑だけでなく、一面に広がるひまわりや動物たちも見ることができる。

ひまわり

アーミッシュファームを遠くに見ることもでき、遊ぶことができる施設の横も通り過ぎたから、鉄道に乗ってから様子を見て遊びに行くのも良いかもしれない。また遊ぶ施設にはアーミッシュの家族も訪れていた。

客室車両内観

ファーストクラス Marian #88 は個別椅子に丸テーブルが用意された2人〜4人で着席できるような形態と、長ソファで大人数でも囲めるような形態があった。

Marian #88 座席
Marian #88 装飾

乗車中に飲み物もオーダーすることができる。

ドリンク

蒸気機関車 Locomotive No. 90

機関車は必ず牽引しなければならず、出発駅からは機関車が後ろ向きに進行する。最後尾から客室車両を押す形での走行は禁止されているため、折り返し地点に行くと車両全体が一時停止し、先頭の機関車だけ横の線路を使って反対側の先頭に移動する。

Strasburg Railroad
蒸気機関車

出発駅から向かって右側の線路を使って機関車が移動したので、それを近くで見たい人は最初の進行方向の右側に乗るのが良いでしょう。

スケジュールによって牽引する蒸気機関車が異なる。私たちが乗車したスケジュールではLocomotive No.90と呼ばれる機関車だった。時期限定で運行する機関車もあるようなので、運行スケジュールをチェックして良い機関車を選ぶのが良い。

機関車の詳細はこちら LOCOMOTIVE NO.90

客室車両外観

乗車できる車両にはファーストクラス、コーチクラス、オープンエアーカーなど種類があり、チケット購入時に選択する。座席指定はないため、先着順。ファーストクラスなどは席が限られているため、早めに乗車して座席を押さえておきたい。

ファーストクラス Marian #88
コーチクラス
オープンエアー

限定車両

この旅では実は限定車両のスケジュールも計画されていたため、それに乗るように日程を調整しようと試みたのだが、旅行計画上どうしてもあわせることができず断念した。

限定車両やイベントなどはオフィシャルサイトで確認できるので、時期が近くなったらこまめにチェックしてみると楽しい列車でのツアーに参加できると思う。

チケット購入

購入はオンラインでも、現地でもできる。私たちはオンラインで事前購入し、せっかくなのでファーストクラスの Marian #88 にした。

オンラインチケット
チケット売場

ランカスター観光は楽しめる!

ランカスター、ストラスバーグのこの界隈は価格も他の都市と比べてリーズナブルで、この機関車もひとつだがアーミッシュファームやマーケットオークションなども楽しめるものが思ったよりある街だった。今回は急ぎで色々回ってしまったけれど、全体を2泊3日くらいで計画するともっと色々楽しめると思う。フィラデルフィアから車で2時間。ちょっと足を伸ばして観光候補にしてみることをオススメします!

関連記事

参考

Strusburg Railroad

More than a Dozen Places In the United States Where You Can Ride a Steam Train [ManTripping.com]

ランカスター(ペンシルバニア州)のアーミッシュ村観光

フィラデルフィアから西へ2時間程度走ったところにランカスター (Lancaster, PA) という街がある。ここはアーミッシュが居住しているエリアで、現在も教育なども含めてアーミッシュ様式に習った生活をしている。このエリアは米国の他の街とは異色な趣のある街で、是非いろんな人に訪問してもらいたいと思った場所。私たちは短くて十分だろうと1泊2日で訪問したが、2泊3日はした方がよかったと思ったことを先に伝えておきたい。

アーミッシュ村観光

アーミッシュについてはほとんど基礎知識がなく、せっかくなのでガイドさんからも話を聞けることから生活エリアとお店を回るアーミッシュファームツアーに参加。いくつかコースがある中で一番定番の2時間コースを選択。短時間ながら色々知ることができた。

アーミッシュは男性、女性、大人、子供で服装やスタイルが決まっていて、髭のルールもある。そして近代文明に頼らない昔ながらの生活をしている。そのため洗濯は手洗いで、服はロープにつるして天日干しをする。電気も使わないため電気洗濯機はないが、手動の洗濯機はあるような話を聞いた。

アーミッシュ家庭の風景
アーミッシュ村の風景
アーミッシュ村の風景

また自動車も近代文明のため使わないため、移動は馬車。ツアー中にも多く見かけた。またキックボードのような漕ぐことができない、足で地面をけって乗る自転車のようなものも利用する。

馬車

自分でただドライブして観光することも考えたけれど、勝手もわからないしエリアも全部回れなかっただろうから、このツアーは満足できた。

Lantz Homestead

The Amish Farm and Houseツアー

参加したツアーはThe Amish Farm and House。もうひとつツアー会社があるので、そちらでも似たような体験ができると思う。このツアーではその時によって経由するお店が異なるようだが、今回は「Bird in Hand Bakeshop」「Lantz Homestead」ともう一箇所の合計三箇所で休憩と買い物をした。

The Amish Farm and House

この観光ツアーはマイクロバスで移動するが、その出発エリアはどのような建物で、部屋の中や学校がどのようになっているかなどの見学をすることができるようになっている。ここをツアー前か後に見学すると知らない体験をすることができて面白かった。

観光施設内の学校設備
観光施設内のアーミッシュ家庭のキッチン風景
観光施設内の手芸販売店
観光施設内のヤギ

アーミッシュとメノナイト

ちなみにアーミッシュに似た生活様式のメノナイトもこのエリアに住んでいる。アーミッシュは電気や近代文明の「便利なもの、楽をするもの」は利用しない生活をしていて、それに該当するものが必要な場合にはそのエリアの長 (教祖?) の許可を得る必要がある。それに対してメノナイトは似ている生活を送りながらも緩やかなルールで生活をしているため様々な道具を利用しているらしい。

詳しくはネット検索すると色々情報が出てくるし、より深く理解したい人は文献などをあたることをオススメします。

アーミッシュ・メノナイト宿泊体験

今回、宿泊する計画が遅く、また1泊だけだったため宿泊は見送ったけれど2泊以上の計画で訪問される場合はそれも検討してみると良いと思う。アーミッシュスタイルで朝ご飯を作ってくれる宿などもある。

また行くことがあれば、次は宿泊する計画を早めに立てます。

ランカスター観光

ランカスターエリアはアーミッシュだけでなく以下の観光も楽しめる。火曜日を含めた2泊3日でのツアーを強くオススメします!

関連記事

https://travel.takarocks.com/2021/08/10/strasburg-railroad/

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén