カテゴリー: 季節

River Roost Brewery、Big Fatty’s BBQとスリフトショップ 〜ホワイト・リバー・ジャンクション

2022年のウィンタースクールバケーションは2月23日(水)から25日(金)の2泊3日で Killington / Picoスキー場に旅行。ボストン近郊からスキー場まで3時間くらいかかるので、その往路のランチとビール調達を兼ねてのホワイト リバー ジャンクション訪問。ここはNH州との州境にあるハートフォード (Hartford, VT)、White River Junction。ここには River Roost Brewery があります。

初めて訪れるこの街、こじんまりとした小さな街で、街中にある宿泊施設は Hotel Coolidge が一軒のみ。

それでも初訪問の街ってなんだかワクワクする!まずは腹ごしらえから!

目次

Big Fatty’s BBQ

ランチはここと決めていたので迷うことなう直行。

まずはビールでしょう。ボストン界隈にいるとなかなか巡り会えないビールがタップで飲めちゃいます。

どれを飲もうか迷ってしまう!なんて最高なんだ!Hill Farmsteadを飲みたかったところだけどあいにくPorterとBrown AleのみだったのでここはFoamに切り替え!Grounds for Divorce (Double IPA)で!

そしてメインの食事!全部美味しかった!

今回はこれらを頼んでみました!

  • Little Piggy – 8oz Pulled Pork sandwich with 4oz. slaw
  • Award Winning Beef Brisket and Smoke Caramelized Onion Mac and Cheese
  • Fatty Fries
  • Hush Puppies (4ea) with a side of Honey

Hush Puppiesって初めて頼んだけど、ちょいピリ辛なドーナツみたいなやつをハチミツつけて食べるのね。なかなか面白いものでした!もうちょっと頼んでも良かったなぁw

ちゃんとメニューを読めば良かったんだけど、ブリスケットとチキンのコンボみたいなのもあったからそれにしても良かったかもしれません。

Big Fatty’s BBQ

お店のサイトはこちら!メニューもサイトにありますよ。

Crowler Pit

このBig Fatty’s BBQなんですが、なんと横にビールショップを併設しているんですよ。そしてビールを販売するだけでなく、32oz.のビールの缶詰してくれるクロウラーまで扱っているという夢のようなセットアップ!

ここは想定外だったんですが寄らないわけにはいかない!ということで行きました。

Foamを2種類手にしていましたよ😂

このあと、向かいのRiver Roostに行くというのに、1ケース24缶予約済みだというのに追加の8缶ww

いや、絶対寄った方がいいですよ、ここ。ちなみにアルケミストのHeddy TopperとFocal Bangerも在庫ありました。

River Roost Brewery

さて本命のブリュワリーへ。Big Fatty’s BBQの向かいなんです。

River Roost Brewery

ブリュワリーというからタップルームもあるのかなと思ったら六畳間くらいのスペースに樽テーブルがあるだけの小さなブリュワリーでした。

注文カウンター

事前に購入していたのでスムーズにピックアップして終了。タイミングが良かったのか潤沢なラインアップがあり悩むの苦労。そしてゲットしたのがこの6種類。

お店の中にはVermont Brewers Associationのポスターがあり、Vermont Brewery Challengeなるアプリがあることを知りました。今までいったところチェックしていこうっと。

Vermont Brewery Challenge

ブリュワリーのサイトはこちら

スリフトショップが多数!

小さな街なのと冬で雪も残っていて寒いこともあり、でも通り道に多数スリフトショップを見たのでせっかくだから散策。それぞれ取り扱い品が異なるスリフトショップでもうちょっと時間かけて、車のトランクを空っぽにして来たくなるお店ばかりでした!

で、肝心の写真は完全に撮り忘れてしまった💦ので文字で紹介。

Cover Home Repair

http://www.coverhomerepair.org/

外看板はハンドツールなどの取り扱いのような説明だったのだけど、中に入って見たら食器、電気、生活家電、家具、工具、リフォーム備品などなんでも取り扱いがあり、この街の中では一番来た方が良いんじゃないかな?と思ったお店でした。トランクに空きがあればテーブルとか買ったかも。値段も安価だったんですよね。チェコのボヘミアングラスみたいなものもありました。

Vermont Salvage Exchange

http://www.vermontsalvage.com/

大型の住宅関連のものが多数揃っています。リフォームを考えていたり、ドアを一層したい、階段を作り直したいなど大掛かりなことを考えている場合にはこのお店オススメです。掘り出し物で小型なものもあるかもしれませんが、基本的には大型系でした。街にきたら寄ってみるのは良いと思います。

Gear Again

http://vtgearagain.com/

スキー、スノーボードの板、ブーツ、ヘルメットなどウィンタースポーツ系のギアと呼ばれるものが多数ありました。夏に行くともしかしたら自転車とか他スポーツ系のものがあるのかも。

The Collection

https://my-site-103981-108158.square.site/

アパレル系、アクセサリ系のショップでしたよ。服、靴、アクセサリを探している人にはオススメです。

Uplifting Thrifting

https://whiteriverjunctionthriftstores.com/

これぞスリフトショップという感じの服、ドレス、ジャケット、靴、ブーツ、食器、小型・大型電化製品を扱っているWhite River Junction駅にあるショップ。個人的にはCover Home Repairとここが徒歩圏内では外さない方がいいかなと思ったスリフトショップでした。

LISTEN Thrift & Furniture Store, White River Junction

https://www.listencs.org/thrift-stores#Locations

他のお店のように駅周辺ではなく少し離れているので車で移動する必要がありますが、ここは広くて取り扱いが幅広いスリフトショップでした。食器、電化製品、アパレル、家具など一通り扱っています。

もうシーズンが終わりだったためかスキーブーツ、ゴーグル、ヘルメットなどがワゴンセール状態でブーツは全部$5、ゴーグルは$2.5での販売でした。私のブーツが壊れかけていたのと、同じメーカーの同じサイズがあったのでとてもラッキーでした。

White River Junction周辺地図

地図でthriftと検索すると結構でてきます。ほかにもあるかもしれないので、是非調べてみてください!River Roost BreweryとBig Fatty’s BBQのエリアにはElixirというアップスケールなレストランもあるし、ここは最高よ!とCrowler Pitの店員さんが言ってましたよ。

宿泊となると少しさびしい街な気もしますが、ドライブしてWoodstockあたりやLebanonあたりに行くこともできるし、バーモント州唯一の国立歴史公園 (NHP)、ニューハンプシャー州唯一の国立歴史公園 (NHP)の中間だったりするので拠点として利用する場合は良い立地かもしれませんね。

NHPには行きたいと思っているのでもう一度くらいくるかもしれないなぁ。次は春とか秋とかに来てみたいね。

ボストン近郊からの行き方

参考までですが、ボストン近郊の街からだと2時間強のドライブ。ルート3から89に乗るか、ルート93から89に乗るような行程になるかと思います。

La Villita Historic Village San Antonio

ラ・ヴィリタ サンアントニオ La Villita Historic Village

サンアントニオの中心地の南側にLa Villitaという小さな可愛いエリアがあります。ここにはアンティーク、メキシコ由来の雑貨、服屋、アートなど数カスのお店からレストランやテラスカフェなどもあるんです。リバーウォーク沿いなので、もし時間があったら是非立ち寄ってみてください。

目次

リバーウォークからのアクセス

丸く囲まれたリバーウォークの南側、Presa St橋付近から La Villita はアクセスできます。円形の舞台もありそこでは何かイベントも開催されているのかなと思います。

La Villita Historic Village
La Villita Historic Village

リバーウォーク沿いからアクセスすると、可愛いタイルの絵の案内があります。

La Villita Historic Village
La Villita Historic Village

階段もタイルの絵が飾られていてとても可愛らしいんです。

La Villita Historic Village
La Villita Historic Village

壁も地面も石が作られていて趣がありますよね。

La Villita Historic Village
La Villita Historic Village

街並み

ビレッジからはゲートをくぐって円形のシアターにアクセスできます。

La Villita Historic Village
La Villita Historic Village

レンガ道で、樹木が植えられたエリアも石で組み立てられていてこのビレッジ全体を見ているだけでも楽しくなります。

La Villita Historic Village
La Villita Historic Village

エリア内には噴水もあって、のどかな雰囲気を楽しめます。

La Villita Historic Village
La Villita Historic Village
La Villita Historic Village
La Villita Historic Village

アートギャラリー

雑貨店、服屋の他にも絵画を取り扱っているアートギャラリーもありました。

Art Gallery - River Art Group Inc
Art Gallery – River Art Group Inc

レストラン

食事のタイミングではなかったのと、次の予定があったため外観しかありませんが、気になるレストランやカフェがいくつかありました。もし行った事ある方は是非コメントくださいね。

Fig Tree Restaurant
Fig Tree Restaurant
Guadalajara Grill
Guadalajara Grill
Smoke Texas River Walk
Smoke Texas River Walk

教会

ビレッジの南側には道路を隔てて St. John’s Lutheran Church があります。このあたりにもホテルがあるので、そのあたりに宿泊している人はビレッジでの食事なども良いかもしれませんね。

St. John's Lutheran Church
St. John’s Lutheran Church

場所

リバーウォーク散策中に立ち寄ることもできるし、ここを目的に時間を多く使うのもありですよ。昼間しか訪れなかったのでその雰囲気しかわかりませんが、夜はまた感じが違うかもしれませんね。

公衆トイレもあるので、ちょっと困った時に立ち寄るのもありだと思います。

関連ブログ

サンアントニオ・リバーウォーク・2023年クリスマスホリデー

サンアントニオ・リバーウォーク 2023年クリスマス・ホリデー観光

2023年末の旅行はテキサス州のサンアントニオ。計画が遅かったこともあり、比較的コストを抑えながら寒いボストンを離れて楽しめそうなところ、かつ市内観光以上のことができそうなところということで選んでみました。

2023年12月25日から28日の3泊4日での旅行。

全米各地12月25日のクリスマス当日はレストラン含めたお店が閉店していることがほとんどで、過去の旅行先では失敗したことも。そのため心配していたのですが、なんとここサンアントニオは多くのレストランが空いていて、スターバックスやCVSも開いていました!クリスマスイブや当日に旅行に行くには良い街だと思います!

目次

リバーウォーク

サンアントニオといえばまずこのリバーウォーク!

地上よりもひとつ下のレベルに運河が通っていて、電動スクーターすら通れない徒歩専用の川沿いの道がずっと広がっています。この川沿いにレストランやショップが多くあり、散歩しながら気になったお店に寄ることができます。

サンアントニオ・リバーウォーク
サンアントニオ・リバーウォーク

ちなみに朝からお昼くらいまではホリデーシーズンの影響かとても人が少ないです。夕方から夜になるといままでどこにいたんだ?というくらい多くの人で賑わいます。

レストランはTex-Mex系が多いですが、イタリアン、アメリカン、シーフードなど多くあります。アジア系はリバーウォークでは見つけられませんでしたが、少し外れたところに数店舗ありました。クレープを取り扱うフレンチカフェやレストランなどもあります。

このリバーウォークはニューオーリンズのバーボン通りと同じでお酒を飲みながら歩くことができるんです。特にパンデミック後にどこのレストランもテイクアウトのお酒をやりはじめたみたいなことをバーテンダーから聞きました。

ライトアップ

クリスマスシーズンだけなのか、常にやっているのかわかりませんが、夜はリバーウオーク全体がライトアップされてとても綺麗です。もしかしたら夜の方が綺麗なので賑わい始めるのかもしれません。

リバーウォーク・ライトアップ
リバーウォーク・ライトアップ
リバーウォーク・ライトアップ
リバーウォーク・ライトアップ

ボートでの運河観光は朝から夜までやっていますが、夜は人気で並びます。バーにマルガリータを買いに来た観光客と会話したところ、1時間から90分待ちだとか。でも、お酒を飲みながら列に並んでいればいいのでそういう時間の使い方はありですよね。

リバーウォーク・ライトアップ
リバーウォーク・ライトアップ

橋の上からの眺め

サンアントニオ・リバーウォーク E Houston Street から
サンアントニオ・リバーウォーク E Houston Street から
サンアントニオ・リバーウォーク E Commerce Street San Antonio Marriott Rivercenter on the River Walk
付近から
サンアントニオ・リバーウォーク E Commerce Street San Antonio Marriott Rivercenter on the River Walk 付近から
サンアントニオ・リバーウォーク Hungman's Oasis 付近から
サンアントニオ・リバーウォーク Hungman’s Oasis 付近から

多種多様な橋

リバーウォークの上は地上なので、そこを通るための道路や歩道があります。運河の上は橋になっているのですが、リバーウォーク沿いからは異なった橋を見ることができます。

La Villita前の石橋

La Villitaから対岸への石橋
La Villitaから対岸への石橋

Presa Street

Presa
Presa
Presa
Presa & Navarro

Navarro Street

Navarro
Navarro
Navarro
Navarro
Navarro
Navarro

St. Mary’s Street

St Mary's
St Mary’s
St Mary's
St Mary’s

Commerce Street

Commerce Street
Commerce Street

Commerce Streetの橋は運河のT字路にあたるので、信号もあります。

運河の交差点にある信号機
運河の交差点にある信号機

ダイニング

The Original Mexican Restaurant

12月25日のクリスマス当日にサンアントニオに到着し、そのままホテルまで移動した後にリバーウォークを散歩しながら遅めのランチにしました。お休みのレストランもありましたが、食べ物に困ることはないくらい飲食店はあいています。

サンアントニオに行ったらまずはTex-Mexのレストランでしょう、ということでここに行ってみました。

とりあえずビールでしょう、とローカルの ALAMO Golden Ale を飲みました。

各テーブルにはトルティーヤチップスが配られます。お腹空いていたのでメイン料理が来る前にパクパク食べてしまいました。

Tortilla Chips
Tortilla Chips

どれもボリュームがあってお腹いっぱいになりました。遅めのランチだったこともあり、夜はスキップしちゃいましたよ。全品$15くらいでした。

https://www.originalmexican.com/

Domingo Restaurante

キャノピーbyヒルトンにあるリバーウォーク沿いのレストランで、朝食で利用しました。ユニークなメニューが多くて味も良いですよ。後から調べてみたら評判良いようでした。

月から木の15時から17時はハッピーアワーでカクテルやアペタイザーがお得ですよ。

Domingo Restaurante - Avocado Toast
Domingo Restaurante – Avocado Toast
Domingo Restaurante - Scrambled Egg Tacos
Domingo Restaurante – Scrambled Egg Tacos
Domingo Restaurante - Passion Fruit Margarita
Domingo Restaurante – Passion Fruit Margarita

Rocky Mountain Chocolate

The Original Mexican Restaurantの後に寄ってみたのですが、お腹いっぱいだったことと、ホットチョコレートはやってないとのことで今回は中を見学するだけで出てきてしまいました。

チョコレートだけでなくキャラメルアップルなども売ってます。

Justin’s Ice Cream Co

午前中や昼間は全然並んでないのに、夜になるととても並びます。リバーウォーク全体が混雑するのと、食事の後にアイスクリームが食べたくなるのか繁盛していました。

変わった味のアイスもあったような気がしますが、無難なコーヒー味にしましたよ。美味しかったです。

Hard Rock Cafe サンアントニオ

リバーウォークからも入れるし、地上からも入ることができます。車で行く人は近くに駐車場があるので、そこに停めて行くと良いですね。

食事では利用しませんでしたが、ショップでTシャツを買いました。

クリスマス当日も開いていました。

Hard Rock Cafe San Antonio
Hard Rock Cafe San Antonio

ホテル

今回、2箇所のホテルを利用しました。

キャノピーbyヒルトン サンアントニオ リバーウォーク

たまたまAMEXのプロモーションもあったことからこのホテルを選んだのですが、結果的に大正解でした。リバーウォーク階にあるDomingo Restauranteレストランを抜けて川沿いを歩くことができるんです。

リバーウォークが目的の人はぜひ検討してみてください。Domingo RestauranteもOtro Barも良いですよ!

ホテルについては別のブログに記載しているのでこちらもぜひ読んでみてください。

エレメント サンアントニオ リバーウォーク

もう1箇所滞在したのが element San Antonio Riverwalk。Riverwalkという名前ではありますが直結はしていないものの運河のすぐそばです。そしてここはサン・フェルナンド大聖堂 (San Fernando Cathedral) がある広場 (Mainplaza) の横なので、ここにも観光に行きたい人には良いと思います。

新しいホテルで綺麗なのと、キッチンと大きな冷蔵庫もついているのでホテルに求めるもので判断するのが良いですね。

最後に

のんびりと過ごしたせいもありますが、あと数日滞在して、リバーウォークをもう少し広範囲で歩いてみても良かったかなと思いました。西側の方のホテルに滞在したので東側はあまり行かなかったのですが、マリオットがあるあたりにはショッピングエリアやアミューズメントなどもあって、そっちも行ってみても良かったなぁと。

また機会があれば行っても良い、満足のできるサンアントニオ旅行でした。

関連ブログ

ニューイングランド紅葉列車ウィニペソーキー観光鉄道 Winnipesaukee Scenic Railroad

ニューイングランド地域の秋は紅葉がとても綺麗。メイン、ニューハンプシャー、バーモントの北部から色づいてきて、徐々に南下し、マサチューセッツ、ロードアイランド、コネティカットの方まで紅、黄、茶に変わった木々の葉を楽しむことができます。

さて紅葉を先取りしたかったり、何週にも渡って楽しみたい場合、バーモント州の Burlington 界隈や、ニューハンプシャー州のWhite Mountain、Kancamagus Highway (カンカマガス・ハイウェイ) などをドライブすることができますが、実は列車に乗りながら紅葉を楽しむこともできるんです。

そして、2022年10月10日の祝日にウィニペソーキー観光鉄道に乗車してきました。

目次

Fall Foliage Train | Winnipesaukee Scenic Railroad

Hobo Railroad が春、夏、秋に観光列車を運行しています。Meredith, Weirs Beach, Lincolnから運行していますが、季節限定で9月と10月に Fall Foliage Train という紅葉列車を運行しているんです。

ドライブだと時間や曜日を誤ると渋滞に巻き込まれたり、トイレに悩んだりしますが紅葉列車だとのんびりと車窓を楽しむことができ、加えて道路からは見られない風景も見ることができますよ。

Fall Foliage Train は Meredith Station から Plymouth にある Common Man Inn & Spa までを往復する全行程 4時間程度の観光列車です。

昼食のビュッフェ込みの観光列車で、往路終点の Common Man Inn & Spa で食事をとります。片道それぞれ1時間強程度のコースなのと、列車内にトイレもあるので心配事も少ないですよね。

Fall Foliage Trainの車窓から

列車の中からは色づいた木々を森の中や、川沿いに見ることができます。

Fall Foliage Train View
Fall Foliage Train View
Fall Foliage Train View
Fall Foliage Train View

Ashland 駅とダム

途中のAshland駅ではブリキ細工などを見ることができます。復路ではこの駅で途中下車するので、もう少しだけ観光することができますよ。

Fall Foliage Train View
Fall Foliage Train View

Fall Foliage Train View
Fall Foliage Train View

鉄橋を通る部分もあり川の景色も楽しめます。あいにくの天気だったのと、紅葉のピークまではもう少しだったので川沿いは緑の葉がまだ残っていましたが、天気が良いと川への反射も綺麗かなと思います。

Fall Foliage Train View
Fall Foliage Train View

クリスマスツリーファーム

紅葉とは離れますが、この観光列車で面白かったことの一つがこれ。

クリスマスツリーはこういうファームで育てられていて、これらが季節になると販売されているみたいです。知りませんでした。

Common Man Inn & Spa にて休憩

ここに停車するの?っていう駅も何もないところに止まり、そこで階段を使って下車します。

目の前が Common Man Inn & Spa なのでチケットに指定されたテーブルに着席し、各自ビュッフェをとってテーブルで食事です。

冷たい缶飲料とコーヒーなどがありますが、缶飲料はすぐに無くなるので早めに取るのが吉です。ビュッフェは並びますが、多分無くなることはないんじゃないかな。でも早めの方がいいでしょうね。

食事の後、希望者はCommon Innで買い物もできるみたいですが、ゆっくり食べてるとそんな時間はありませんでした。

Ashland 駅 (復路)

復路ではこの Ashland 駅で下車をして駅舎内やブリキ細工など観光できます。

少し戻って道路を渡るとブリキ細工のエリアがありますが、この線路上の景色が私のハイライトでした。

車窓から (復路)

Meredith 駅にて

最後 Meredith 駅に戻ってきてツアーは終了。売店にトイレがありますが結構混むので、お急ぎの人は早めがいいですね。

チケット

チケットの販売は Hobo Railroad のサイトで、例年7〜8月に販売。メルマガで通知が来ることもあれば、ソーシャルでの開示だったり、何も出ないで販売することも。7月になったらサイトをチェックするなどしておきたい。

チケットは Presidential Class、First Class、Coach Class とありますが、Coach Class で十分でした。座席は自由席なので、できるだけ早めに乗車して、往路進行方向の右側をオススメします。

https://hoborr.com/fall-foliage-trains/

関連記事

関連ツイート

The Roosevelt New Orleans, A Waldorf Astoria ルーズベルト ニューオーリンズ ウォルドーフ アストリア

ルーズベルト ニューオーリンズ ウォルドーフ アストリア宿泊記 The Roosevelt New Orleans, A Waldorf Astoria

一度は宿泊したいなぁと思っていた念願の The Roosevelt New Orleans に宿泊してきました!そして偶然にも2023年2月のマルディグラのメインイベントの週!Mardi Grasも楽しめて、ホテルも楽しめて、ニューオーリンズのグルメも楽しめて充実した宿泊でした。

目次

The Roosevelt New Orleans Entrance ルーズベルト ニューオーリンズ
The Roosevelt New Orleans Entrance ルーズベルト ニューオーリンズ

ホテル滞在

11月末のサイバーマンデーセールで航空券を購入し、急遽計画したニューオーリンズ旅行。子供の学校の休みにあわせてとってみたら New Orleans 最大のイベントの期間でした。

Lundi GrasからMardi Grasの翌日までの2泊3日滞在

まさにマルディグラの最高潮、ルンディグラのマルディグラに宿泊です。マルディグラの週なのでいろとりどりのライトアップがロビーにもされていて、チェックインのタイミングからもう雰囲気を味わえます。ホテルに滞在している人も首からネックレスを下げていたりしてお祭り気分なことが感じられます。

The Roosevelt New Orleans Lobby Mardi Gras ルーズベルト ニューオーリンズ ロビー マルディグラ
The Roosevelt New Orleans Lobby Mardi Gras
ルーズベルト ニューオーリンズ ロビー マルディグラ

Two Queen Beds One Bedroom Suiteにアップグレード!

部屋は普通の Two Queen Beds Deluxe を、滞在2日前の2月18日に抑えていたのですが、アップグレードされてスイートルームになりました!

ダイヤモンドステータスのメリットが生かされました!
Two Queen Beds Suite
Two Queen Beds One Bedroom Suite

ドアをあけるとソファベッドになるリビングがあり、奥にクイーンサイズのベッドが2つあるベッドルーム、奥にはバスルームがあり、広くて充実していました。

Two Queen Beds One Bedroom Suite - Bedroom
Two Queen Beds One Bedroom Suite – Bedroom

今回は大人2人とティーン1人の合計3名での宿泊だったので、スイートルームはとてもありがたくて部屋でゆっくり過ごせたのも良かったですよ。

トイレはバスルームと、リビングルームにもあります。

Two Queen Beds One Bedroom Suite - Bathroom
Two Queen Beds One Bedroom Suite – Bathroom

コーヒーはネスプレッソが部屋で飲めます

Two Queen Beds One Bedroom Suite - Coffee
Two Queen Beds One Bedroom Suite – Coffee

格式高いホテル

広いロビーに調度品も素敵なホテルの一階フロアでした。チェックインカウンターも歴史のあるホテルを感じさせる入ってすぐに楽しくなる空間でした。

The Roosevelt Lobby
The Roosevelt Lobby

エレベーターホールは広くてソファもあります。

Elevator Hall
Elevator Hall

現在も利用可能なのかわかりませんが、手紙を送る時はフロントに持って行かなくても良かったみたいです!各フロアのエレベーターホールにあるメールシュートに投函すると、一階に落ちるようになっていたようです。

ポストシュート
ポストシュート一階

エレベーターホールには電話も置いてあって、ダイヤル式のようなプッシュ式になっているので、もしかしたら1番とかでフロントにつながるのかも?

旧型デザインの電話

スイミングプール

ルーフトップのプールがありました。2月なので開いてないと思ったのですが、やってました。水着はやはり持ってきた方がいいですね。肌寒くてすぐに出てしまったかもしれませんが。

ちなみにプールエリアのバーは営業していませんでした。

Swimming Pool
Swimming Pool

ダイニング

Fountain Lounge

ルーズベルトにはいくつかダイニング施設がありますが、この Fountain Lounge では朝食も利用できます。

ダイヤモンドステータス特典の Food and Beverage Credit 対象レストランです
Fountain Lounge
Fountain Lounge

朝食はビュッフェを選ぶこともできますが、アラカルトにすることもできます。エッグベネディクトはクラシックとカニがありますよ。カニは少し臭みがあったので、クラシックの方が好みでした。

Classic Eggs Benedict
Classic Eggs Benedict
Lump Crab Benedict
Lump Crab Benedict

卵料理はベネディクト以外にも調理方法を選ぶものと、オムレツなど何種類かあります。パンケーキは美味しいかったです。

Garden Omelet
Garden Omelet
Buttermilk Pancakes
Buttermilk Pancakes

ニューオーリンズはベニエが有名ですが、ここのやつはラズベリーヌテラソースがついてきて、これは他では食べられないスタイルで美味しかったです。

Roosevelt Famous Beignets
Roosevelt Famous Beignets

中にはバーカウンターもあるのでお酒を飲むだけにも利用できます。

Fountain Lounge
Fountain Lounge

Teddy’s Cafe

コーヒーや紅茶、ケーキやサンドイッチなど軽食を楽しめるカフェもあります。

ダイヤモンドステータス特典の Food and Beverage Credit 対象カフェです
Teddy's Bar
Teddy’s Cafe

エクレアとコーヒーを楽しんでみました。

エクレア

The Sazerac Bar

唯一後悔してるのが、この The Roosevelt で Sazerac を The Sazerac Bar で飲まなかったこと!普段カクテルを飲まないのと、調査不足だったことがあるのですが、このホテルのは飲むべきでした!

マルディグラ開催中に宿泊するには

マルディグラは偶然

ちなみにニューオーリンズはマルディグラの時期でなくても十分に楽しめます。あえて合わせる必要はなく、この時期に旅行したのは、実はたまたまでした。

  • スクールバケーションウィークが2023年2月20日 (月) から24日 (金) までだった
  • 2022年11月末にJetBlueセールがあってダーツの旅のように行けるところを探したらニューオーリンズだった

飛行機をとってから予定を決め始めて、日程を眺めてみたら…まさかの Lundi Gras と Mardi Gras だったんです!

ピークシーズンのため、ここの滞在も含めて、ホテルを抑えるのは実は難儀したのですが、結果的に問題なく滞在できて本当にラッキーでした。

マルディグラのお祭りについてはまた別途ブログを書きます。

80,000ポイント/泊で滞在

ニューオーリンズで一番混むのがマルディグラ。その開催期間中、かつメインイベントの火曜日の Mardi Gras Day までの2泊3日を 80,000 ポイント/泊で宿泊できました。大人2名とティーン1名の合計3名、追加人数料金などもなしでの完全ポイント泊です。

また特典宿泊だったにもかかわらず、飲食で支払った金額に対するポイントやプロモーションなどで 3,275 ポイントを獲得できたので、実質のポイント消費は 156,725 ポイントでした。

ダイヤモンド特典で Food and Beverage Credit が $25/1人 が本人とゲスト1人分の計$50分/泊のクレジットが2泊分、合計$100もらえました。一部利用不可のダイニング施設がありますが、Fountain LoungeやTeddy's Barで利用できます。詳しくはチェックイン時に説明してもらえます。

マルディグラ期間中に The Roosevelt New Orleans, A Wardorf Astoria をポイント特典宿泊するには?

一年の中で最大のお祭りであるマルディグラ開催中はほとんどのホテルがキャンセル不可。またキャンセル可能でも2ヶ月前までなどの条件があり、ほぼキャンセル不可だと思った方がいいです。さらにポイント宿泊の場合もキャンセル不可も多いので、行けなくなるとポイントが戻ってきません。絶対に、何がなんでも行けるという人や、保険でカバーできる場合は良いですが、そうでない場合にはかなり厳しい制約。でもそれくらい混むんですよね。

加えてポイント宿泊の場合、早めに予約をすればスタンダード特典の80,000ポイントで宿泊できますが、混み合う時期なのでプレミアム特典しか出てこなくなることもあり、その場合はかなりのポイントが必要になります。

2023年9月23日現在、来年2月の特典宿泊はマルディグラの2/13前後は空いていますが、直前の週末はすでに特典予約ができません。加えて2/12-14の2泊3日の特典予約はキャンセル不可です。

The Roosevelt 2024年2月 特典宿泊カレンダー

では、

  • マルディグラ会期中にルーズベルトに宿泊したい
  • スタンダード特典で宿泊したい

場合にどうすれば良いか?というと、

  1. キャンセルはしないので早めにスタンダード特典で予約する
  2. 仮のキャンセル可能なホテルを押さえておいて、もうキャンセルすることはないだろうと判断できる時期から直前までの間、諦めずにルーズベルトに80,000ポイント泊が出るのを狙う

の2つかと思います。

ちなみに私は2の方法で抑えました。ボストンから2月に飛ぶフライトなので雪で欠航のリスク、冬の病気リスクなどもあるので、キャンセル不可ホテルを早めに抑えるのはできませんでした。そのため、この方法になりました。毎日サイトと睨めっこしたり、ホテルを悩んだり、運頼みのところもありますが、うまくとれたらラッキーという気持ちであれば取れると思います。

最後に

フレンチクォーターやバーボンストリートにも近く、観光にも良い場所です。近隣にレストランもたくさんあるし、ホテル内のレストランも満足できると思います。

特にダイヤモンドステータスの人は恩恵を受けられると思います。

また泊まってみたいホテルです。そして次回はSazeracを飲まないとね。

関連ブログ

Playacar Palace Beach View

プラヤカル パレス オールインクルーシブ リゾート宿泊記 Playacar Palace All Inclusive Resort

初オールインクルーシブリゾート体験

  1. ファミリー対応のオールインクルーシブ
  2. プラヤ・デル・カルメン
  3. コスメル島フェリーの近く

この3つの条件で調べて出てきたのがこのパレスグループのプラヤカル パレス (Playacar Palace)。17歳以下の子供は追加料金かからずに宿泊することができ、小さなお子様から高校生までを含めたファミリーで宿泊するのに魅力的なリゾート。他のオールインクルーシブホテルと比べると価格はリーズナブル。

2022年12月23日から27日までの5日間をここで宿泊。

スタッフ全員がホスピタリティに溢れていて、ピークシーズンだったにも関わらずディナーレストランの予約もでき、クリスマスディナーやマジックショー、サンドアートショー、マッサージも楽しむことができて、初めてのオールインクルーシブは良い経験になりました。

目次

チェックイン

ロビー

大きな木が真ん中に立っていて大理石フロアの開放感のあるロビーにてチェックイン。ドリンクを飲みながらパスポートとクレジットカードを提示して支払い。その後ホテルの部屋までカフェやレストラン施設の案内をしながら部屋まで移動。乾季なのにあいにくの天気だったけれど全体的に明るいホールが続く。

ルームキータグ

オールインクルーシブのホテルに宿泊すると、こういうバンドがつけられるんですね。コンサートやツアーでしかつけたことがなかったからちょっと面白かった。外でもいろんな人がタグをつけていて、確かに入られちゃうと全部利用されちゃうからチェックするよなぁ、なるほどと思いました。

ちなみにパレスグループはこのバンドの色に意味があるんですよ。それは後ほど。

Palace Resorts滞在中のタグ

Superior Deluxe Partial Ocean View

部屋に入ると予約時にお願いしていたパッケージ特典のシャンパン、ワインとデザートが置いてありました。

オールインクルーシブなので部屋の冷蔵庫もウィスキーやテキーラなども全部飲み放題。ふふふ。

今回の宿泊は3人だったので、部屋そのものはローラウェイベッドを追加した形のこんな部屋でした。なんとジャグジーが部屋の中に設置されています。堪能しましたよ。

さて、このブログを書くまですっかり忘れていたけれど (笑)、予約した時の写真はベッドが2つあったはずだったんだよね。疲れてたし、3人寝られるし、何も疑問に思わなかったからそのまま4泊滞在しましたよ。入ってすぐに気づいたら部屋変更できたかなぁ。ハイシーズンだったから無理だったかもしれないけれどね。

17歳以下までは無料なので、もしこのブログを見て予約してみようと思う人で3人のプランの人は、子供を足して4人で予約しておくことをオススメします。そうすればベッド2つの部屋になると思うので。

レストラン

レストランの数が4つ。そのうち1つはいつでも入れるビュッフェ形式の大人ング。もう1つはアダルトオンリーのレストラン。よってファミリー宿泊で、かつ注文形式で料理を食べたい場合にはレストランが2つしか無いんです。ちょっとココは残念だった点。

  • Bocelli イタリアン料理
  • Momo アジアン料理
  • Lahná ユカタン料理 アダルトオンリー
  • Café del Mar インターナショナルビュッフェ

Café del Marは朝食や昼食で利用するので、ディナーでは利用しないプランでBocelliとMomoを交互に利用する形で4回の晩餐を楽しみました。

  • 1泊目 Momo 鉄板焼き
  • 2泊目 Bocelli クリスマスディナー
  • 3泊目 Momo ディナー
  • 4泊目 Bocelli ディナー

2023年1月にこのブログを書いている段階ではMadre Míaというラテン料理レストランが増えてるので、今後宿泊される人は選択肢が増えますね!

レストランの予約については後半で。

Bar

バーカウンターはロビー、プール内、プールサイドにあって、もちろんレストラン、ビュッフェでも各種カクテルを頼めます。オススメはロビーバーで注文する…

パッションフルーツ・モヒート!!!

何杯飲んだか覚えてないくらい飲みました

もうこれ一択です。パッションフルーツの果実が入ったモヒートでさっぱりできますよ!

もちろん他にも各種カクテル頼めます。ワインも飲めるしビールも飲めます。

Momo 鉄板焼き

これはエンターテイメントですよ。18時から21時までの1時間ごとに10名までしか予約で入れないので、食事とショーを楽しみたい人は予約を入れることをオススメします。

シェフのマリオ

シェフが炒めるための道具でチャンバラをしたり、火山をしたり、汽車ポッポしたり、体験したことない人は是非。日本語も少し勉強していて、ちょっとだけ日本語を教えてあげました。

料理はコースで決まっていて枝豆、カリフォルニアロール、味噌汁、フライドライス、チキン・ビーフ・シュリンプと野菜のグリル、そしてデザート。

火山と汽車ポッポショーはこちら

チキンもビーフもちょっと固めで料理そのものはちょっと残念な部分もあったけど、エンターテイメントとしてはとても楽しめました。

Bocelli クリスマスディナー

12月24日限定でプリフィックスメニューのクリスマスディナーをやっていました。うまく予約とれたので、この日限定のメニューを堪能してきましたよ。イベントのある日に滞在していると、こういう経験ができていいですね。

クリスマスディナー限定のチョコレートのカクテルと、注文したモヒートを飲みながら食事を待ちます。

FirstのサラダとSecondのスープ。美味しかったです。

メインはPetit Filetにしました。焼き加減は選べなくて、ミディアムのみと言われたけど、ミディアムレアの状態で個人的には満足でした。シェリーとスターアニスのソースも美味しかった。

デザートはブッシュドノエルということで、スポンジロールケーキとクリーム、きのこをメレンゲとマカロンで演出していて良かったんだけど、もうすでにお腹いっぱいでした。

Café del Mar

朝食と昼食でいろいろ堪能できます。カウンターで卵料理を注文することもできるし、タコスやパスタを頼むこともできます。

日本食はちょっと不思議なものもあるので要注意。Ramen Soupという名前の豚汁がありました。うどん入りの豚汁だと思えば食べられます。

朝食はフルーツが充実しているのですが、Chinese Pomegranateというパッションフルーツみたいだけど、もう少しあっさりしていて甘味を感じる果物がオススメです。これかなり食べました。

Chinese Pomegranate グラナディーヤ

朝からミモザをキメて、お昼はデザートを各種楽しむこともできます。

レストランの予約はアプリで

ここのホテルに宿泊する場合、Palace Resortsのアプリがとても重要です。一番重要なのは、レストランの予約をこのアプリで行うのと、3日前から予約を開始するので、アプリに慣れておくのが良いですよ。

レストランの予約をできるのはチェックイン後、とのことなのですがチェックイン当日の飛行機内で試してみたところ実は予約ができたので、特に抑えたいレストランは予約ができるかどうか試してみるのをオススメします。

機内WiFiが利用できる飛行機で移動することをオススメします!JetBlueだとWiFi無料ですよ!

仮に予約で埋まってたとしても、こまめにチェックしてたらキャンセルが開いたりして予約できるようになるので、開いてなくても諦めずにチェックすると良いですよ。

注意点は同日に複数のレストランの予約はできないので、もし別のレストランを予約済みだった場合に、行きたいレストランが開いた場合、既存の予約をキャンセルしてから予約する必要があります。

セールスプレゼンでリゾートクレジット500獲得

Playacar Palaceに宿泊して、少し気になった点はセールストークが結構多いこと。

チェックイン後のホテル施設案内時と、チェックアウト後のロビーでセールスの説明がありました。

メキシコを中心に展開しているホテルなので、リゾートへのリピーターを獲得するための戦略なんでしょう。チェックイン後のセールスプレゼン招待は90分の説明を聞いて、加入してもいいし、しなくても良い。もちろん加入して欲しいけど、入らなくてもプロモーションは贈呈しますというもの。

この辺はうまくあしらうか、乗っかってプロモーションだけもらうというのも可能です。もしプログラムが魅力的でない場合に、ちゃんと断れる自信がない人はやっちゃダメですが、それができる人でかつ貴重な90分をどこかで取れる人はやってみるのもあり。

ちなみにプロモーションは日帰りツアーかSPAで利用できるリゾートクレジット500で、営業プレゼンの拘束は実際には2時間強かかりました。

雨雲が23日から26日までずっとかかってて、外に行くのも難しいし、どうせホテルの中にいるならと思って90分 (の予定が2時間強) を削ったけど、プログラムの話も聞けてそれはそれで良い体験でした。

他のホテルチェーンのように無料で会員になって宿泊数などでレベルが変わるようなロイヤルティプログラムは無いんだけど、メンバーシップというのがパレスグループにはあるんですよ。そして、そのメンバーシップレベルに応じて、腕につけるタグが黒、銀、白という順番で変わるんだそうな。

非常に面白い。

AWE SPA

雨が続いててアウトドアはあまり楽しめないし、クレジットもあるし、マッサージやSPAはそもそもしたかったのでうまく入れ込みました。

私はやるつもりなかったんだけど、クレジットが余るから、勿体無いし、同じ時間でできるからせっかくなので50分間のマッサージをやってもらいました。

バーで飲んでる方がいいやなんて思ってたけど、こういうマッサージって良いものですね。今後機会があったら常にやってしまいそう。

マッサージの個室

マッサージは個室でアロマを炊きながら施術してくれました。

チェックアウト

4泊5日のオールインクルーシブ。2日目と4日目には日帰りツアーも組み込んでホテル外でも楽しみながら、それでも食べて、飲んで、海で、プールで泳ぎ楽しめました。

自宅に帰宅してから気づいた部屋のベッドについては気づかなかった自分の落ち度が悔やみ切れませんが、ホテルスタッフの対応やツアーの紹介、料理や飲み物を沢山たのしめたので良かったと思います。

しかしチェックアウト時に晴れるんだよねぇ。今回は天気は残念でした。

ホテルのベネフィットと注意点

以下、ホテルのメリットと注意点を記しておきます。

4泊以上で空港送迎無料

ちなみにプラヤカル パレスホテル、4泊以上すると空港送迎往復が無料になります。お願いすると片道USD 90前後かかると思うので、移動費も含めて宿泊数を決めるのが良いと思います。特に通常時期で宿泊代が高くない場合にはお得ですよね。

空港からのピックアップはクリーム色のシャツを着て、PALACE RESORTS TRANSFERSというファイルを持ったスタッフが空港施設の外に出たところで待機しています。

空港送迎ホテルスタッフ

当日はBの柱と外に出てからかなり奥の方に居たので、うまく見つけてください。到着してドライバーを調整するような流れなので、そんなに慌てていかなくても大丈夫だと思います。

帰りの移動は2日前までにホテルで予約することもできるそうですが、あらかじめ予約しておくのが安心かもしれません。

コスメル パレスも利用できる!

コスメル島にも行く予定がある人はフェリーで日帰りした際に、Cozumel Palaceに立ち寄って食事や飲み物を楽しむこともできるんです。

コスメルには滞在中どこかで行く予定でしたが、毎日雨だったのでキャンセル。少しだけ心残りだけど、その分プラヤ デル カルメンを満喫できたから良しとします。毎日晴れ続きだったらそれはそれでバテてたかもしれないしね。

リゾートクレジットの利用範囲は限定的

予約プランによるのかもしれませんが、リゾートクレジットがついてきます。私の予約では150のリゾートクレジットがついてきました。チェックイン時に資料がもらえて、以下に利用できることを知りました。

Tour料金(1人)曜日時間詳細
Romantic dinner$189月、水6pm、8pmカップル向けディナー
食物アレルギー無し対象
Chef’s dinner$1256pm食物アレルギー無し対象
Wine tasting$1904pm18歳以上
食物アレルギー無し対象
Tulum$119火、木8am含まれるもの
* 往復の交通手段
* ガイド(英語、西語)
* 入場料
各自準備するもの
* 別途購入のための現金
* 動きやすい服と靴
* 虫除け
Ek Balam$1998am含まれるもの
* 往復の交通手段
* ガイド(英語、西語)
* 入場料
* ビュッフェ
* 水 (1本)
* ロッカー
各自準備するもの
* 別途購入のための現金
* 動きやすい服と靴
* 虫除け
Swim with dolphins$159月〜土11am, 12:30pm交通費別 ($66/1人追加)
妊婦不可
3歳以上
Sunset sailing$149月、土4:40p交通費別 ($10/1人追加)
大人のみ
Discover Scuba$159月、水、金要確認プールでダイビング体験
10歳以上
Golf$262毎日要確認Moon Palace Golf Course
ゴルフクラブとボールは要持参

我が家の家族構成と滞在曜日的にはどれも利用できなかったので、最終日にセールスプレゼン500とリゾートクレジット150を合算した650をAWA SPAで利用しました。

尚、上の利用料金の他にサービスチャージが加算されます。

16% Service fee will apply to all services

1週間以上滞在する人にはうまく利用できるかもしれませんね!

予約時のパッケージを印刷して持っておくと良い

予約した時にリゾートクレジットや、ディナーオプションとか無料でついてくるとか色々あったのですが、どれを予約したのかなどすっかり忘れてしまっていました。

ディナーとか選んでたような気もするんだけど。。。笑

滞在は満足したからいいのですが、しっかりと予約したものの恩恵を受けたい方は忘れずに確認しておくのと、開催日が限定されているかもしれないので事前に確認しておくと良いと思います!

WiFiはとても遅い

これは他のホテルでもあるかもしれませんが、WiFiは遅いです。モバイルの方が場合によっては速いかもしれません。あまり重いデータのアップロードやダウンロードには向いていないので、避けた方が良いです。アプリを使ってレストラン予約やルームサービス依頼をする程度であれば問題ないです。

WiFiではツアーサイトViatorにアクセスできない!

これ、かなり致命的なんですが、ホテルでのツアー予約と競合するためなのか、Viatorのアクセスはできません。事前にViatorで予約をしていたのですが、連絡をする必要があり、アクセスができずにハマりました。

モバイル回線で対応するか、VPNで対応することはできるので、VPN契約は持っていると良いと思います。

どんな人にオススメか?

さて、このパレスグループですが、オールインクルーシブ初体験の感覚としてはファミリーで、同伴の子供達が17歳以下、基本的にホテルの施設を満喫したい、という旅行プランの場合には良いんじゃないかなと思います。

プラヤカル パレスの場合、プラヤ・デル・カルメンのビーチタウンに徒歩ですぐにアクセスできるので、ビーチや街の観光、ショッピングをしたい場合には立地は最高。例えばプラヤ・デル・カルメンで有名な像Portal Mayaまでショッピングアーケードを抜けて徒歩7分でいけます。

エリアを問わず、基本的にホテルを堪能したい人であれば、同じグループクオリティと仮定してカンクンホテルゾーンより少し南に位置する大型のムーン・パレスなんかもいいかもしれませんね。そちらだとレストランの数も、プールのスライダーなんかもあって中だけで十分に満喫できるかも。

そうそう、ホテルの部屋の間取りだけは気をつけてくださいね(笑)

良かった点

  1. レストランの予約が宿泊前からアプリでできる
  2. プラヤデルカルメンの繁華街まで近く、コスメル島フェリーも近い
  3. ビュッフェのメニューは日替わりで朝・昼飽きずに楽しめる
  4. パッションフルーツモヒートが美味しい
  5. カフェのクレープとケーキも美味しい

気になった点

  1. ファミリー利用可能レストランが2つ + ビュッフェしか無い
  2. WiFiが激的に遅くてViatorに繋がらない
  3. アジアレストランは期待低めで行くと裏切られない
  4. プールは小さくてスライダーなども無い

関連記事

関連リンク

Willemstad from the Queen Emma Bridge

キュラソー島の世界遺産ウィレムスタット市内の歴史地区

キュラソーと言えば「ブルーキュラソー」リキュールの生産国であり、世界遺産のウィレムスタット市内の歴史地区もある、カリブ海のベネズエラ北部に浮かぶオランダ領の島。ABC諸島のアルバ (A)、ボネール (B) そしてキュラソー (C) の1つで観光地として訪れる人の多い島のひとつ。アルバの方が有名かもしれないけど、キュラソーではフラミンゴを見に行ったりや鍾乳洞を訪れることもできます。

Welcome to Curaçao
Welcome to Curaçao

世界遺産ウィレムスタット市内の歴史地区

2023年4月のマサチューセッツスクールバケーションウィークに旅行で訪れて、基本的にはホテルでのんびりしつつも、ここは外せない、世界遺産のウィレムスタット市内の歴史地区に行ってきました。

宿泊先はクィーン・エマ橋の東側、オトロバンダ地区にあるヒルトン系列の「マングローブ・ビーチ・コレンドン・キュラソー」だったので橋の軸側から渡って歴史地区に向かいました。

RIF FORT

ホテルからは歩いて15分くらいでいけます。途中は道路脇の歩道を歩いていき、Renaissance Wind Creek Curacao Resort の通りと Renaissance Fort (要塞) を抜けていくことできます。

途中イグアナにあったr、カラフルなルネサンスホテルを見ながら要塞に向かいます。

Iguana
Iguana
Colorful Building Renaissance
Colorful Building Renaissance

通りをまっすぐすすむとRIF FORTと書いてあるゲートが見えるのでここを進むと歴史地区に渡るクィーン・エマ橋にいけます。

Fort entrance
Fort entrance

この RIF FORT は19世紀に海賊や敵からの攻撃を守るために建てられた要塞で、この中も見て回ることができます。また、お店がいくつか入っているので買い物もできます。

Heinen Delfts Blauw Curaçaoショップも入っててキュラソー限定のデルフトアイテムもあります。お土産買っちゃいました。

Rif Fort Shopping Area
Rif Fort Shopping Area – Heinen Delfts Blauw
Rif Fort
Rif Fort

要塞の覗き穴から対岸の歴史地区の建物が見えます。

View through Fort
View through Fort

上からは全体が見渡せます…あれ、何か気づきましたか?

View from Fort
View from Fort

クィーン・エマ橋が開放中でした

そうなんです。要塞から覗いた時に不思議に思ったのですが、橋がかかってなかったのは、上の写真の左側に見える船が通るために橋を開けていたんです。

つまり対岸に渡ることができません。

クィーン・エマ橋が閉じて橋が繋がるところのタイムラプス

このクィーン・エマ橋は浮き橋で、西側のオトロバンダ地区側が軸になっています。90度反時計回りで開き、時計回りの90度で閉まります。

こんなタイミングに出会えたのはラッキー!ということでタイムラプスで撮影してみました。時計回りに橋が閉じて対岸に繋がるところが見てとれます。

そして橋が架かるとと皆一斉に歩き始めますよ。

Koningin Emmabrug / Queen Emma Bridge
Koningin Emmabrug / Queen Emma Bridge – Walking
Koningin Emmabrug 
 / Queen Emma Bridge
Koningin Emmabrug / Queen Emma Bridge

ちなみに普段はこんな感じで混雑した感じはありません。

セイント・アンナ湾 (Saint Anna Bay) に並ぶ歴史地区のカラフルな建物を左前に見て歩いて向かうことができます。

カラフルな歴史地区

湾から見える建物も素敵ですが、街中の建物も絵が描かれていたり立体にデコレーションされていたりとても刺激的です。

Curaçao Willemstad Colorful Walls
Curaçao Willemstad Colorful Walls
Curaçao Willemstad Colorful Walls
Curaçao Willemstad Colorful Walls

パピアメント語でDUSHIはよく使われるのですが、それも街中にありました。Tasty, Nice, Babe, Sexy, Sweetheartのような意味があるようです。

そういえばホテルの寿司レストランは DUSHI SUSHI CLUB でした。
DUSHI
DUSHI
CURACAO
CURACAO

運河を渡す様々な橋

Queen Emma Bridgeを渡って歴史地区の方に渡り、北の方に向かうと運河が通っています。そこには様々な形の橋がかかっていて、とても素敵な空間になっていました。

Koningin Wilhelminabrug / Queen Wilhelmina Bridge
Koningin Wilhelminabrug / Queen Wilhelmina Bridge
Leonard B. Smith Brug / Leonard B. Smith Bridge
Leonard B. Smith Brug / Leonard B. Smith Bridge
Brùg Princes Amalia / Princess Amalia Bridge Waaigat
Brùg Princes Amalia / Princess Amalia Bridge Waaigat

市場とフードコート

Princess Amalia Bridgeの近くには屋内の市場があり、食べ物から雑貨まで色々取り扱いがありました。

Curacao Market
Curacao Market

また運河沿いには露店もあって果物や野菜などを販売していましたよ。

少し歩くとPLASA BIEUというフードコートもあって、色々な食事がありました。気になりましたが、それほどお腹空いていなかったのでここでは食べずに、ワゴン販売のフルーツジュースにしちゃいました。

Plasa Bieu
Plasa Bieu

このPlasa Bieuの近くにはスーパーもあって、生鮮から飲料品、お菓子なども買えます。

Restaurants on Street
Restaurants on Street

ATM

基本的に現金は無くても大丈夫ですが、小額で買い物をしたり飲み物を買うにはギルダーがあると便利かもしれません。ATMは街中にいくつかありますし、銀行もあります。

ATMは利用手数料が米ドルで8〜10ドルするので、手数料がキャッシュバックされるカードがあるのが便利だと思います。

Banco Di CaribbeanのATMで引き出しましたが、手数料は米ドルで$8.08とられました。Fidelity Cash Managementのおかげでキャッシュバックされましたよ。

Fidelity Cash Managementを開設できる人は是非海外に持っていってくださいね!詳しくは本ブログ最後のリンクから辿ってください。
Banco Di Caribbean ATM
Banco Di Caribbean ATM
BANKOMATIKO
BANKOMATIKO

景観が素敵な世界遺産の歴史地区

写真では見たことがあったけど、実際に行ってみるとひとつひとつにこだわりがあって、街全体が素敵な世界になっている歴史地区だと感じました。

Willemstad Historic Area
Willemstad Historic Area

今回はこのエリアには半日くらいしか滞在しなかったけど、もう少しゆっくり回ってもいいのかなと思えるくらい色々回ってみたい場所だと思いました。

キュラソーデルフト限定アイテム
キュラソーデルフト限定アイテム
キュラソー版とオランダ版のデルフトハウス
キュラソー版とオランダ版のデルフトハウス

また機会があったら行ってみたい国で街でした。

関連ブログ

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén